top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

樟南vs国分中央

高校野球ドットコム

エース永吉が完封、スタメン抜擢選手が活躍・樟南

 前日の準決勝で樟南は都立大島に、国分中央は鹿児島城西に、いずれも逆転サヨナラ負けで涙をのんだ両チーム。3位決定戦はどちらも数名の選手の入れ替えや打順を組み換えて臨む一方、先発は樟南が永吉 浩志(2年)、国分中央が安藤 奈々利(2年)、いずれも途中降板したエースが連投でマウンドに上がった。

 試合が動いたのは4回表、樟南は一死二塁で、この日スタメンに抜擢された7番・前田 晟那(1年)がレフトオーバー二塁打を放って先制。9番・上牧瀬 銀士(1年)もレフト前タイムリーで続き、2点を先取した。

 続く5回は2番・森川 恭史(2年)、3番・町北 周真主将(2年)が連打で出塁し、4番・三田 大智(2年)がライト前2点タイムリーで追加点を挙げた。三田も前日出場機会はなかったが、4安打を放ってスタメン起用に応えた。

 8回には1番・西窪 大翔(2年)がダメ押しのライト前タイムリーで5点目を挙げた。

 エース永吉は10安打を浴びたものの、四死球1と制球が安定し、テンポ良く打たせて取る投球がさえ、102球で完封勝利を挙げ、前日の雪辱を晴らした。

広告の後にも続きます

 国分中央は4回以外、毎回走者を出し、1、6回には連打が出るなどチャンスは作りかけたが、8回まで三塁が踏めなかった。

 9回裏、二死から8番・前田 悠成(2年)、代打・當 拓樹(1年)が連打で粘り、1番・坂元 樹生(2年)がセンター前ヒットを放ち、二走・前田 悠が一気に生還を目指したが、センター西窪からの好返球でタッチアウト。樟南の堅守の前に、最後まで得点を阻まれた。

(取材=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル