top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「4球団競合」の答案が返ってきた西武1位・隅田、ここまでの苦しみとここからの楽しみ

高校野球ドットコム

 11日、ドラフト会議で4球団の競合の末、最速150キロ左腕、隅田 知一郎投手(4年=長崎・波佐見)が西武1位指名が決まった。高校時代は甲子園を経験しながら、ケガに苦しみ、それでも直球のスピードアップ、変化球の精度などを上げて、今年ドラフトでNO・1の評価を勝ち取った。ドラフト当日に、その喜びと苦しみ、そしてプロでの楽しみを、隅田の言葉で語っていた。会見を中心に一問一答で振り返る。



ガッツポーズする隅田

――まず、隅田投手から、ひとことお願いします。

隅田 埼玉西武ライオンズから指名しただきまして、3日前から公言してもらい、満場一致の評価だと言われて、うれしかた。これからはプロ野球世界に飛び込み、日本を代表をするような左腕になって、日の丸を背負える投手になっていきたいです。

――今の気持ちは

隅田 この4年間、やり残したことがないくらい頑張ってきたつもりで、今日を迎えた。これから次のステージで頑張りたい。

広告の後にも続きます

――どんな気持ちで待っていた

隅田 楽しみにしていたし、もし指名がなくても悔いないという感じで今日を迎えていた。

――自分の名前が次々に呼ばれた時はどんな気持ちでした

隅田 本当にできすぎというくらい。

――クジを待つ時の気持ちは

隅田 4球団ともに評価してもらった球団だった。もともと12球団OKでどこでも頑張れる気持ちだったので、どこでも頑張ろうと思っていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル