top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『帰れマンデー』松岡修造に視聴者ウンザリ?「いい加減しつこい」の声も 頻繁な番宣差し込みに苦言

リアルライブ

 10月11日に放送された、テレビ朝日のバラエティ番組『帰れマンデー見っけ隊!!』に出演した松岡修造が話題になっている。

 この日の企画は「秘境路線バスで飲食店を見つける旅」で、埼玉県飯能市が舞台。都心から比較的近い場所ではあるが、飲食店探しは苦労し相変わらずの長時間ロケとなっていた。

 ​>>『帰れマンデー』で危険ロケ?「ヤバすぎる」の声 出演者の顔と耳が真っ赤に、炎天下のマスクが物議<<​​​

 この日はサンドウィッチマン、ゲストに藤田ニコル、SixTONESの高地優吾、そして松岡修造というメンバーだったのだが、なぜか松岡だけ集合場所にいなかった。

 他のメンバーが松岡を探すと、松岡は不自然に設置されたトランポリンに乗って頭上にあるくす玉を割ろうとしていた。そして松岡がくす玉を割ると、そこには「心体操で楽しみ隊!」と書いてあった。

 実は、松岡は10月21日からテレビ朝日系で4夜連続で放送される「世界体操・世界新体操」特番(「ジャパネットpresents世界体操・北九州2021」)のメインキャスターを務める予定であり、『帰れマンデー』の視聴者に対し、「世界体操・世界新体操」特番の宣伝および魅力を伝えたいと思っているらしく、番組の途中で様々なコーナーを行うのだという。

 特番とのタイアップは、これまでの『帰れマンデー』でも多くやってきたが、合間にコーナーを挟むのは珍しく、歩いている道中ではボール掴みやフラフープ潜りなど身体を使ったゲームの他、中に入った飲食店では「修造熱血プレゼン」と題した世界体操の魅力を伝えるコーナーが差し込まれた。

 放送局であるテレビ朝日としては、「世界体操・世界新体操」の中継は失敗できない一大プロジェクトであるため、老若男女多くの世代が観ている『帰れマンデー』で宣伝すれば効果は高いのはわかるが、あまりに頻繁にコーナーが差し込まれるため、ネットでは「修造のコーナーいい加減しつこいな」「修造がずっと体操の話しかしていない」「さすがに多すぎる」といった声もあり、視聴者からの評判は芳しくなかったようだ。

 番宣も大事だが、通常番組での「ゴリ押し」は少々考え物である。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル