top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三浦春馬が愛すべき人々とのめぐり合いの連鎖を紡ぐ「アイネクライネナハトムジーク」(2019)

エンタメウィーク(映画)

三浦春馬が愛すべき人々とのめぐり合いの連鎖を紡ぐ「アイネクライネナハトムジーク」(2019)

解説

ベストセラー作家・伊坂幸太郎による小説を、三浦春馬と多部未華子の共演、「愛がなんだ」の今泉力哉監督のメガホンで映画化した恋愛群像劇。仙台駅前で街頭アンケートを集めていた会社員の佐藤は、ふとしたきっかけでアンケートに応えてくれた女性・紗季と出会い、付き合うようになる。そして10年後、佐藤は意を決して紗季にプロポーズするが……。佐藤と紗季を中心に、美人の同級生・由美と結婚し幸せな家庭を築いている佐藤の親友・一真や、妻子に逃げられて途方にくれる佐藤の上司・藤間、由美の友人で声しか知らない男に恋する美容師の美奈子など周囲の人々を交えながら、不器用でも愛すべき人々のめぐり合いの連鎖を10年の歳月にわたって描き出す。映画の中でもキーとなる主題歌「小さな夜」と劇中音楽を、シンガーソングライターの斉藤和義が担当した。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

亡くなってしまったことが今でも悔やみきれない人気俳優・三浦春馬さんの主演作。原作小説は『重力ピエロ』や『ゴールデンスランバー』の伊坂幸太郎で、人気女性漫画家のいくえみ綾の手により漫画化もしています。

仙台市を舞台に、とあるボクサーの試合を中心に巡っていくいろんな人たちの物語。あくまで主人公は三浦春馬演じる佐藤なんだけど、試合でボクサーが優勝し日本人が初のチャンピオンになったという事実がいろんな人に影響を与えたことを描いています。

オムニバスじゃないけど、ある意味オムニバス的な作品。こういった、同じ瞬間にそれぞれが違う過ごし方をしていて、その人たちの人生が後に交わっていくのは『ラブアクチュアリー』みたいな感じがしてすごく素敵です。監督を務めるのは、現代の恋愛映画に欠かせない名手・今泉力哉。『愛がなんだ』や『街の上で』などを監督し、最新作も続々と発表されている売れっ子です。

本作、ちょうど半分でいきなり舞台が10年後に飛ぶというサプライズがあるのですが、見事に10年前の佐藤たち若者の物語を、10年後の若い世代の物語に紡がれていく。その全てが巡り巡って、ちゃんと繋がり帰結していくのがすごく丁寧で気持ちが良いくらい伏線が回収されています。映し方も丁寧で、素朴だけど上手い一品。


「アイネクライネナハトムジーク」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル