top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

栄養満点しめじ時短レシピ3選!きのこが苦手な子どもにもオススメ

たべぷろ

【作り方】

たまねぎ・にんじん・ピーマン・しめじは、それぞれフードプロセッサーでみじん切りにする。 フライパンで豚ひき肉を軽く炒め、たまねぎ・にんじん・ピーマン・しめじを入れて火が通るまで炒める。 カレールー・焼肉のたれ・レーズンを入れてよく混ぜたらできあがり。そのまま、ごはんと一緒に食べても! さらに、フライパンにサイコロ状に切った厚揚げを入れて炒める。 最後にごま油を回し入れる。大人はお好みでラー油やさんしょうなどをかけると、グッと中華らしい風味に。

詳細はこちら→「苦手なきのこを克服!秋野菜たっぷり キーマカレーの麻婆豆腐アレンジ15分レシピ」

しっとり・こってり! 鶏むね肉ときのこのマヨみそ丼

【材料】(4人分)
鶏むね肉 2枚(400g)

A マヨネーズ 大さじ1
A みそ 大さじ2
A にんにく(チューブ) 5cm分
A 片栗粉 大さじ2

エリンギ 1本
しめじ 1/2パック
塩 ひとつまみ
レタス 2枚
ミニトマト 8個
バター 15g
サラダ油 大さじ1
ごはん 4人分

広告の後にも続きます

B しょうゆ 大さじ1弱
B みりん 大さじ1
B 酒 大さじ1
B 砂糖 小さじ1

【作り方】

鶏むね肉は、薄くしてから、小さめひと口大のそぎ切りにする。ポリ袋に入れてAを加え、よくもんで下味をつける。 きのこ類は石づきを切り落とし、小さく薄く切る。レタスは食べやすい大きさにちぎる。ミニトマトは半分に切る。 フライパンにバターを溶かし、エリンギ・しめじ・塩を入れて強めの火加減で香りが出るまで触らずに、香りがたったら、ひっくり返しカリッとなるまで炒め、取り出す。 同じフライパンにサラダ油を入れて、(1)の鶏むね肉を入れて両面焼く。(3)のきのこを加え混ぜ、Bの調味料を加え、全体を混ぜる。 ごはんを器に盛り、レタス・ミニトマト・(4)をのせてできあがり。

詳細はこちら→「きのこ嫌いのお子さまも思わず食べてしまう!マヨみそ丼15分レシピ」

ぶなしめじクイズの答え

<Q1>答え:C
ぶなしめじはシメジ科シロタモギタケ属、本しめじはシメジ科シメジ属と別の品種。一般的に流通しているぶなしめじは人工栽培がほとんど。しめじという商品名で出回るものはヒラタケ科のひらたけで別種です。

<Q2>答え:C
オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸として、しじみに豊富なことが有名ですが、ぶなしめじにはしじみの5倍以上も含まれています。また、エネルギー産生の効率を上げるため、疲労回復や脂肪燃焼などの効果も期待できます。

<Q3>答え:B
汁物や煮物は水から入れ、炒め物はフライパンをあたためる前に入れて加熱することでうま味成分を引き出すことができます。ぶなしめじは加熱しても形が崩れにくいので、鍋料理や煮物など長時間加熱する料理に向いています。

◇百菜元気新聞の2021年10月1日号の記事を転載しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル