top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表、オーストラリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。最悪だったあのポジションの変更は…

フットボールチャンネル

日本代表、オーストラリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。最悪だったあのポジションの変更は…

GK</h2>

 日本代表は12日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する。7日に行われたサウジアラビア代表戦に敗れ、すでに2敗目喫した日本代表はこの試合の勝利が必須。ホームで負けられない一戦に森保一監督はどのようなメンバーで臨むのか。オーストラリア戦の予想スタメンとフォーメーションを紹介する(※情報は10月11日時点)。

——————————

権田修一(清水エスパルス)
生年月日:1989年3月3日
日本代表通算成績:25試合12失点

 日本代表に長く名を連ねている川島永嗣、東京五輪でその実力を証明してみせた谷晃生と実力者が揃う中で、現在正GKに君臨するのが権田修一だ。この正守護神は、2013年のFIFAワールドカップブラジルに向けたアジア最終予選以来、8年ぶりのアジア最終予選に挑んでいる。

 先月行われたオマーン戦と中国戦に先発出場した権田は、オマーン戦で終了間際に失点したものの、中国戦は安定したパフォーマンスで相手をシャットアウト。危ない場面も全くなく、アジア最終予選初勝利に貢献した。

広告の後にも続きます

 しかし、7日に行われたアウェイでのサウジアラビア戦では、試合序盤から好セーブを見せるも後半に失点。早くも2敗目を喫した。失点こそしているものの、権田のパフォーマンスは決して悪くない。12日に行われるオーストラリア戦は、これまで以上の好パフォーマンスで日本代表を勝利に導けるだろうか。

DF</h2>

酒井宏樹(浦和レッズ)
生年月日:1990年4月12日
日本代表通算成績:67試合1得点

 東京五輪後に浦和レッズに合流し、ほとんどオフがない状態で臨んだ9月のオマーン戦では疲労の色を隠せなかった。オーバーワークが考慮され、中国戦を前にチームを離脱した。休養後、所属クラブに合流すると驚異の鉄人ぶりで全試合スタメン出場。先月25日に行われたFC東京戦では、移籍後初ゴールを決めている。

 攻撃面では果敢なオーバーラップからの高速クロスでチャンスメイク。守備面でもリーグ1やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でスター選手を抑えてきた対人の強さで、右サイドを封鎖する。攻守両面で奮闘し右サイドを支配する酒井の実力と経験は、日本代表に必要不可欠。

 サウジアラビア戦ではなかなか攻撃に参加出来ず、チャンスメイクできたのは大迫へのクロス1本のみ。いつものように攻守で存在感を発揮できなかった。オーストラリア代表戦もタフな戦いが予想されるが、サウジアラビア戦以上のパフォーマンスで攻守に貢献する活躍を見せてほしい。

吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
生年月日:1988年8月24日
日本代表通算成績:110試合11得点

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル