top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ビートルズを解散させたのはジョン」ポール・マッカートニーの衝撃発言が波紋

女性自身

「ビートルズを解散させたのはジョン」ポール・マッカートニーの衝撃発言が波紋

1970年のビートルズの解散については、ポール・マッカートニー(79)の脱退宣言が最大の原因だという説が最も有力とされてきた。

 

しかし、マッカートニー本人がBBCラジオ4の番組「This Cultural Life」の収録で、これを真っ向から否定したとGuardian紙などが報じている。

 

「解散を焚きつけた人間は僕じゃない。うん、違う違う違う。ある日、ジョン(・レノン)が部屋に入ってきて言ったんだよ。

広告の後にも続きます

 

『俺はビートルズを辞める』って。これは解散を煽動したことになる? ならない? ビートルズは僕のバンドであり、僕の仕事であり、僕の人生だった。続けたかったよ」と、マッカートニーはインタビュアーのジョン・ウィルソンに対して語っている。

 

マッカートニーはインタビューの中で、レノンは自身の決断を「とてもワクワクする」と評し、脱退については「まるで離婚みたいだな」と他人事のように話していたという。

 

ジョージ・ハリスンやリンゴ・スターは解散を何とか食い止めようと働きかけたが、レノンの気持ちは翻らなかったそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル