top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ロマンポルノ50周年】 落語家・柳家喬太郎を迎えての演芸・上映会がライブ&配信で開催決定!

キネマ旬報WEB

 今年、50周年を迎える日括ロマンポルノの50周年記念プロジェクトの一環として、古典芸能とロマンポルノの奇跡の融合を、笑いと涙で体験できるイベント「艶笑夜噺 古今東西」の開催が発表された。 10月9日(土)よりイベントの先行抽選のチケットの申し込みと、配信チケットの販売が開始される。

 この公演は、“チケットの取れない”希代の人気落語家、柳家喬太郎が、落語の世界のロマンポルノとも言うべき艶笑噺(えんしょうばなし)を特別に披露しつつ、ロマンポルノ作品の中でも落語や古典芸能を原作とする作品を上映するというもの。

 艶笑噺とは、「バレばなし」とも呼ばれる、落語のジャンルで、粋でいなせな物語の中に男女の洒落っ気たっぷりのやりとりに官能シーンをまぜた大人の落語であり、普段の寄席や落語会ではなかなか口演されることが少ない演目。それを人気落語家であり、公開中のタナダユキ監督作「浜の朝日の嘘つきどもと」でも、映画館主役として好演が話題の柳家喬太郎が披露するとあって、映画の枠を飛び出したイベントになる模様。

 さらに、イベント内では、映画「カツベン!」(周防正行監督)での演技指導なども行った現役の活動写真弁士(サイレント映画の語り手として説明を行う弁士)の坂本頼光による活弁。そして、ロマンポルノ時代劇作品をセレクトして上映が行われる。

 上映作品は、日活のロマンポルノを代表する時代劇作品の2本がセレクトされた。数多くのロマンポルノの傑作を生みだした曽根中生が監督し、怪談の「牡丹燈籠」を見事な官能時代劇作品に仕上げた「性談 牡丹燈籠」(1972)。そして、今イベントのテーマでもある艶笑噺の数々を、藤浦敦が監督し、日本映画史に残る喜劇映画「幕末太陽傳」をも手掛けた高村倉太郎が撮影に参加した、娯楽時代劇大作の「江戸艶笑夜話 蛸と赤貝」(1974)を、それぞれ上映する。

広告の後にも続きます

「性談 牡丹燈籠」(1972)  

「江戸艶笑夜話 蛸と赤貝」(1974)

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル