top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

懐かしのコロボックル!あらすじや魅力、有川浩の書く続編も紹介!

ホンシェルジュ

身長3センチ、体重はたったの1グラムほどの小さなひと「コロボックル」。彼らが活躍する「コロボックル物語」シリーズは、日本で初めてのファンタジー小説だといわれています。近年では、人気小説家の有川浩が続編を発表したことでも話題になりました。この記事では、それぞれの作品のあらすじや魅力をご紹介していきます。

「コロボックル物語」シリーズの作者、佐藤さとると村上勉とは

1959年に初版が刊行された『だれも知らない小さな国』。「コロボックル物語」シリーズの1作目です。

作者は、児童文学作家の佐藤さとる。2017年に惜しまれながら88歳で亡くなりました。生前は「厚生大臣賞」や「国際アンデルセン賞国内賞」、「野間児童文芸賞」、そして「旭日小綬章」など数々の権威ある賞を受賞。日本ファンタジー小説界の第一人者といわれ評価されています。

出身は神奈川県横須賀市。学生時代から童話の創作を始めます。大学を卒業後は、市役所や中学校の教諭、児童雑誌の編集者などを務めました。

1959年、31歳の時に身長3センチほどの小人たちが活躍する『だれも知らない小さな国』を自費出版。その後講談社から刊行されました。以降「コロボックル物語」シリーズとして1987年までの間に全6巻を発表しています。

2019年現在、「コロボックル物語」シリーズは累計発行部数350万部を超える人気作として、愛されながら読み継がれています。

広告の後にも続きます

シリーズの人気の一端を担っているのが、村上勉が描く挿絵です。村上は『だれも知らない小さな国』でイラストレーターとしてデビューをし、以降シリーズすべての作品を担当。緻密でかわいらしく、それでいて少し幻想的なイラストは、「コロボックル物語」シリーズには欠かせない存在となっています。

「コロボックル物語」シリーズの1巻『だれも知らない小さな国』のあらすじと魅力を紹介

それは「ぼく」が小学3年生の時の夏休み。もちの木を探しに峠の向こうに行ってみると、泉が湧き、花が美しく咲いている小山を見つけました。ぼくはその不思議な美しさに魅了され、それから足繁く通うようになります。

次の年の夏休み。同じように小山に行くと、靴を片方無くしたという女の子に出会います。一緒に探してやり、ようやく見つけた運動靴の中を見て、驚きました。

「小さい赤い運動ぐつの中に、虫のようなものが、ぴくぴくと動いているのに気がついたからだ。しかし、それは虫ではなかった。小指ほどしかない小さな人が、二、三人のっていて、ぼくに向かって、かわいい手をふっているのを見たのだ。」
(『だれも知らない小さな国』より引用)

著者[“佐藤 さとる”, “村上 勉”] 出版日2015-10-28

『だれも知らない小さな国』は「コロボックル物語」シリーズの記念すべき1作目。1959年に刊行されたとは思えないみずみずしさを放つ、名作古典ファンタジーです。

ぼくが見つけた小さな人は「コロボックル」といい、地元では「こぼしさま」と呼ばれているもの。コロボックルはぼくを「せいたかさん」と呼びます。本作では、高度経済成長期を背景にした道路の拡張によって、彼らが住む山がつぶされる危機になり、せいたかさんとコロボックルたちが力をあわせて立ち向かっていきます。

  • 1
  • 2

TOPICS