top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

香取慎吾が人生につまずき落ちぶれたのちの再生を熱演「凪待ち」(2019)

エンタメウィーク(映画)

香取慎吾が人生につまずき落ちぶれたのちの再生を熱演「凪待ち」(2019)

解説

「孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことに。亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。人懐っこい小野寺に誘われて飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してパニックに陥り、激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろしてひとりで捜すよう突き放す。その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され……。「くちびるに歌を」の恒松祐里が美波、「ナビィの恋」の西田尚美が亜弓、「万引き家族」のリリー・フランキーが小野寺を演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『悪人』や『孤狼の血』で知られる白石和彌監督の作品。佐藤健主演の『ひとよ』でもそうでしたが、そこはかとなく漂う田舎町の閉鎖感と、人間の闇を映し出すのが非常にうまい監督です。

本作も舞台が宮城県石巻市ということで、大切なパートナーを亡くし人生をも失った男の喪失、そして再生に向かう姿勢が街に呼応しているように感じます。SMAP解散後、特に新しい地図のメンバーはそれぞれ様々な作品で役者としての躍進っぷりを見せてくれていましたが、特に香取慎吾は本作でかなりイメージチェンジを図ったように思います。

とにかく常に汚らしい顔で、疲れ切った表情。きらきらとした“しんごちゃん”の面影はすっかりなく、ギャンブルに溺れる自堕落な男を見事に演じ切っています。また、白石監督作品は暴力的であることも特徴となっていますが、本作も例に漏れずすごい。吐瀉物を撒き散らしながらの謝罪シーンなどインパクトの強い場面が多いですが、何より終盤の祭りでの喧嘩シーンはすごい迫力でした。

泥酔状態の香取慎吾が、怒鳴るは殴るはで地元の若者に集団で襲われる。人目も気にせず屋台に人を突っ込み、突っ込まれながらのワンシーンの気迫はすごかったですね。また、『おかえりモネ』での好演も話題となっている恒松祐里やリリー・フランキーなど脇を固める俳優陣の演技も素晴らしかった。


「凪待ち」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル