top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大泉洋が愛人たちと別れる決断をするが…?「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(2020)

エンタメウィーク(映画)

大泉洋が愛人たちと別れる決断をするが…?「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(2020)

解説

太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点を交えたスクリューボールコメディとして「グッドバイ」のタイトルで戯曲化、演出した舞台を大泉洋、小池栄子主演で映画化。戦後の復興期、文芸雑誌の編集長・田島周二は何人もの愛人を抱えていた。さすがにこのままではまずいと思った田島は彼女たちと別れる決心を固めるが、愛人たちを前にすると優柔不断な性格が災いし、別れを切り出すことが出来ずにいた。困り果てた田島は、ガサツで金に金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に女房を演じてくれと頼み込む。しかし、泥だらけの顔を洗ったキヌ子は誰もが振り返る美しい女性だった。大泉が田島役を、小池が舞台版でも演じたキヌ子役をそれぞれ演じるほか、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊らが顔をそろえる。監督は「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

大泉洋主演の、終戦後を舞台にしたコメディ映画。設定がそもそも軽快で面白いですよね。戦後、復興に向かう昭和の中でお金のはべりもよく、女にモテてモテて仕方ない雑誌編集長の田島。気づけば愛人が何人もできてしまったというので、小池栄子演じる残念な美人に協力を仰ぎ、妻に内緒で彼女たちと縁を切っていくというコメディ。

大泉洋が演じているのもあって、冷静に考えれば何股もしているクズ男なのに、そういういやらしさを一切感じない。むしろ、時代なのかみんながみんな好きにしている感じが逆に痛快でした。

愛人たちの吹っ切れようもすごいですが、なにより木村多江演じる浮気されていた奥さんの猛者たるや圧巻。水川あさみ、橋本愛と錚々たる愛人の顔ぶれ。優柔不断だから別れを切り出せないという田島と違って、女性陣の強かさが素敵です。

しかし、ただのコメディに止まらずしっかり色々なものを見つめ直せるヒューマンドラマとして成立しているのも良い。特にキヌ子を演じた小池栄子の演技に脱帽してしまいます。あのキャラ作りもそうですが、なによりいくつになっても衰えないその美貌がキャラクターに説得力を持たせていました。あっさり見れて楽しめる作品です。


「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル