top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【怪談】住職が遭遇した驚きの体験…ある人物に話しかけるもその人は既に…

エンタメウィーク(動画)

【怪談】住職が遭遇した驚きの体験…ある人物に話しかけるもその人は既に…



京都で360年の歴史を持つ蓮久寺の三木大雲住職が体験した、我々の常識を覆す体験が話題です。

これまで数多くの怪奇体験をしてきた三木住職。住職自身も不思議な力を持っているそうで、人の死期が分かったり、ニオイでその人が抱える病気が分かるそうです。実際、自分の父親が胃がんで亡くなったときにも、ニオイで死期や病名などを感じ取っていたといいます。

そんな住職があるとき本屋へ行くと、ある男性にそのニオイを感じたそうです。そこで住職は自分の素性を明かし、病院に行くよう声をかけます。
すると男性は住職の言葉には反応することなく、「お坊さんなら言おうか……」と言いにくそうに「私は実は去年の12月8日に死んでるんです」と明かしてきました。なんと住職は幽霊に話しかけていたのです。すでに亡くなっている霊からもニオイを感じていたとは驚きです。

住職曰く、「男性はおそらく本を読みに本屋さんにいらしてる」とのこと。「地縛霊、浮幽霊は成仏してないと言われますけど、なかにはやはり好きでそこにおられる方もいらっしゃる」と、幽霊は必ずしも成仏するわけではなく、自ら望んでその場所にいる場合もあると語っていました。



都市伝説の関連作品


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル