top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小栗旬や香川照之らキャスト陣の熱演に「涙が出そう」

テレビドガッチ


小栗旬が主演を務める日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第1話が、10月10日に放送。緊張感のあるストーリー展開や豪華キャスト陣の熱演に大きな反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」を現代風にアレンジ。2023年の東京を舞台に、沈没という未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いていく。

環境省の官僚・天海啓示(小栗)は、盟友である経済産業省の常盤紘一(松山ケンイチ)と共に国家的プロジェクトの「COMS<コムス>」に参加。総理大臣の東山栄一(仲村トオル)が推し進めるこのプロジェクトは、海底岩盤の隙間に存在するCO2を出さないエネルギー物質・セルスティックをパイプで抽出するという取り組みだった。

しかし、“関東沈没”への警鐘を鳴らす地震学者の田所雄介(香川照之)は、海底プレートが沈み込む一因になると「COMS<コムス>」を否定。田所の発言はネットニュースの記事となり、プロジェクトに反対するデモまで起きていた。天海は事態の収束を図るべく、田所と対面。田所はそんな天海に向かって、伊豆沖にある日之島の沈没を予言し、「その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」と言い切った。

東山が日本の未来を見据えて設立した日本未来推進会議のメンバーに選ばれた天海は、東山政権を揺るがしかねない関東沈没説を封じるため、田所を招いての公聴会を開催。そこで田所は、海底プレートが地球内部に沈み込む際に観測されるスロースリップ現象が起きていると主張する。

一方、地球物理学の権威で東大教授の世良徹(國村隼)は、海底にスロースリップの痕跡はなかったと反論。主張を曲げない田所に対して、天海は田所を支援する企業の詐欺ビジネス疑惑を取り上げて追い込もうとする。その瞬間、最大震度5弱の地震が起き、公聴会は中断。さらに、天海が週刊誌記者の椎名実梨(杏)に書かせた記事によって、世間では関東沈没説に再び注目が集まってしまう。

そして、趣味のスキューバダイビング中に海底の割れ目に吸い込まれそうになったことから、天海自身も関東沈没説を完全には否定できずにいた。真実を知るため、天海は田所や世良と共に「COMS<コムス>」付近の海底調査を実施。深海調査艇に乗り込んだ一行は、深海でスロースリップの痕跡を見つけるための調査を開始する。

しかし、同行したメンバーが倒れたことで調査は中断。政府の公式見解を決定する検証報告会議では、スロースリップの痕跡をこの目で見たという田所に対し、世良は映像データを公開して「根拠は一切ないことが証明された」と主張する。「ここは真実を捻じ曲げる場なのか!」と激昂する田所に、「過ちを認めてください」と詰め寄る一同。関東沈没説が否定されそうになる中、田所の言い分も否定しきれない天海は「それでいいんですか!」と声をあげるのだった。

第1話は、ストーリー展開とキャストの演技に注目が集まり、関連ワードもトレンド入り。ネット上では「壮大なスケール」「初回からすごいボリューム!」「引き込まれる」「小栗旬やっぱりかっこいい」「香川さんの演技すごいなぁ!」「キャスト陣の演技に涙が出そうだった」などのコメントが寄せられた。

次回、第2話は10月17日放送。日之島が沈んだことで、天海は対策を早急に行うように訴えるが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル