top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ういろうは焼いてください!」 老舗菓子店おすすめのアレンジレシピ、試してみたら…

Jタウンネット

名古屋名物「ういろう」は有名だが、皆さんは食べたことがあるだろうか。

うるち米の米粉に氷砂糖や小豆などを混ぜてほぐし、蒸した和菓子だ。羊かんのように切り分けて食べるのが一般的だが……今、あるアレンジレシピがツイッターで注目を集めている。

これは、作家・名古屋めし料理家のSwindさん(@swind_prv)が2021年9月25日に投稿した写真。いっしょに、ういろうの食べ方をこんなふうに紹介している。

「いいですか、ういろうは焼いてください!
厚めにスライスしたういろうを油を引いて温めたフライパンに乗せて両面こんがりと焼くだけ
表面がパリッとなって中がフワトロもっちもち、まるでフレンチトーストのような超新感覚の『焼きういろう』がマジですごいんです!
バターを乗せたらPerfectです!」

なんと、ういろうをフライパンで焼き、バターをのせると言う。記者には全くなかった発想だが、写真を見ると非常においしそうだ。

リプライ欄には、

「やばっ。めっちゃ美味しそうやないですかー!」
「確かに餅みたいな食べ物だから理にかなってますね…考えた人凄い」
「思いもしなかった!やってみます」

広告の後にも続きます

など、感心する声が無数に寄せられている。

Swindさんによると、このアレンジは、1879年に創業し昭和初期に名古屋で「青柳ういろう」の販売を始めた老舗菓子メーカー「青柳総本家」(名古屋市)から教わったもの。

Jタウンネット記者は6日、青柳総本家に話を聞くことにした。

焼くときのコツは?

広報担当者は、今回のアレンジを実は昨年から公式ツイッターで紹介していたと言う。

思いついたきっかけを尋ねると、

「なんとなく、焼いてバターをのせたらおいしいかな?くらいの軽い思いつきでした」

とのこと。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル