top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「天津甘栗」の「天津」って、どんな意味?/大人の最強雑学クイズ

ダ・ヴィンチNEWS

 文系理系だけじゃくくれない教養がここにある! 雑学総研さんの『大人の最強雑学1500』(KADOKAWA)で、雑学の達人を目指しましょう!

かつては禁煙用だったお菓子はどれ?/大人の最強雑学クイズ

 次の説明が正しければ〇、間違っていれば×を選んでください。

【問い】日本で売られている「天津(てんしん)甘栗」の「天津」は何を意味する?
○ 中国の天津で採れた
○ 中国の天津港から出荷された
○ 中国の天津風の食べ方

【答え】中国の天津港から出荷された

広告の後にも続きます

【解説】
現在、日本で食されている甘栗は、小石の中で砂糖をかけながら栗を熱したものである。甘栗に使われる栗は、中国で生産される小粒の栗。よく引きしまった実には上品な甘さがあり、渋皮(外側の硬い殻と実の間にある薄い皮)がきれいにむけるのも特徴である。ところで、この甘栗がよく「天津甘栗」と呼ばれるのは、中国の天津で採れるからではない。じつは、かつて中国産の栗のほとんどは天津に集められ、天津港から出荷されていたことに由来しているのだ。中国の栗にはさまざまな種類があるが、その中でもっとも焼き栗に適しているのが中国河北省・万里の長城付近の燕山(えんざん)山脈で採れる栗だった。本来は、そこの栗だけが「天津甘栗」と名乗る資格があるのだという。

雑学総研

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル