top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

出演拒否も逆手に!ハプニング活かした歌番組『ザ・ベストテン』の魅力

女性自身

出演拒否も逆手に!ハプニング活かした歌番組『ザ・ベストテン』の魅力

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、毎週楽しみにしていた歌番組の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょう――。

 

放送回数約600回で、最高視聴率41.9%をたたき出した伝説の歌番組『ザ・ベストテン』(’78~’89年・TBS系)。

 

「毎週木曜の夜9時を心待ちにしていた人は多かったはずです。ランキングは視聴者によるハガキ投票やレコードの売上げ枚数だけでなく、有線放送やラジオのリクエスト数など、さまざまな指標を用いたため、歌謡曲からロック、演歌まで幅広い曲を一つの番組で楽しむことができました」

広告の後にも続きます

 

そう話すのは世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。

 

アイドル全盛の’80年代は、松田聖子 vs. 中森明菜のランキング争いも気になるところだったが、生放送の臨場感、中継によるハプニングも楽しみの一つだった。

 

「聖子さんが新幹線の静岡駅でホームに降り立ち、停車時間で『チェリーブラッサム』(’81年)を歌い、駅員さんの発車を知らせる笛の音が響き渡って、慌てて再び新幹線に乗り込み去っていくシーンは、あまりにも有名です。長渕剛さんが『順子』(’80年)で出演した際、周りから手拍子が巻き起こったのですが、『失恋の曲だから手拍子は勘弁いただきたい』と曲を一旦止め、改めて、静かな中で歌い始めたことも」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル