top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西村優菜に「身長詐称疑惑」が? 「賞金女王争い5傑」裏プロファイル(2)

アサ芸Biz

 獲得賞金1億7341万円(9月26日終了時点)の2位で稲見を猛追するのが小祝さくら(23)だ。

「稲見とは違ってほんわかとした性格ですが、現状は足踏み状態。プレーにムラがあり、その差が出ています」(宮崎氏)

 今年3月だけで2勝をあげたものの、その後は優勝から遠のき、7月「GMO&サマンサカップ」では予選落ちと低迷した。

「小祝はこの2年間、休みなしでツアー皆勤賞を続けていて、9月末の『ダンロップ女子オープン』で実に118試合です。ところが東京五輪でツアー開催がなく、そのリフレッシュ効果もあって『NEC軽井沢72』と『CAT Ladies』を2週連続で優勝した。初体験の休みがよほど快感だったんでしょう。試合後の会見で『今年、1試合休みます』と宣言したほどです」(ゴルフ担当記者)

広告の後にも続きます

 しかし、1位の稲見との差は約3300万円。少しでも賞金の上積みを図るため、後日「年内全戦出場」と前言を撤回している。

「この連続Vの陰の主役となったのが、軽井沢戦で使い始めたニューパターです。初日に6連続バーディーのロケットスタートを成功させると、そのまま首位を譲らずの独走Vを決めた。この〝新兵器〟は『ワールドクラフトデザイン』というブランドで、地元・北海道のワールド山内社製。小祝が使用したのと同じ製品は300万円と高額で、一般販売モデルでも最低100万円の値が付いています」(ゴルフ担当記者)

 この連続Vを呼び込んだ小祝パターを手に入れようと、メーカーには問い合わせが殺到しているという。

 9月の連続優勝で、5人の中では大器晩成型の西村優菜(21)が「賞金女王争い」に急浮上してきた。

「大阪の普通のサラリーマンの家庭に育ち、買ってもらったクラブを抱いて寝る庶民派ゴルファー。焼き肉好きで『ダンロップ女子オープン』の時は地元名物の牛タンを毎日食べて優勝している。安田祐香(20)らと同じ『ミレニアム世代』の一角を成す、女子プロゴルフ界最小(身長150センチ)の遅れてきた大器ですね」(ゴルフ担当記者)

 注目すべきはドライバーの平均飛距離。女子のトップが原英莉花(22)の259ヤードなのに対して、西村は230ヤード。実に30ヤードも後塵を拝しているのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル