top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈[イベントレポート]生アフレコ+MUG-MO初ライブも!『やくならマグカップも 二番窯』を多治見で語る

Pop'n'Roll

TVアニメ&実写『やくならマグカップも 二番窯』のメインキャストを務める田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈の4人が、10月9日(土)に本作の舞台である岐阜県多治見市のバロー文化ホールにて放送記念イベントに登壇した。到着したオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

第2期のPV映像が流れ、会場が熱気に包まれる中、CBCアナウンサーの山内彩加、多治見市長・古川雅典氏が登壇。古川市長による挨拶に続いて、メインキャストの田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈の4名が登壇し、イベントがスタートした。

広告の後にも続きます

“今日はこんなにたくさんの方に会えてうれしいです!”と田中からの挨拶で始まり、芹澤は指ハートをしながら“皆さん会いたかったですよ~”、岐阜県出身の若井は“岐阜に帰ってきました!ただいまー!”、本泉は“なかなか皆さんに会えない状況が続いていましたが、今日こうしてアニメの舞台である多治見でイベントが出来て、本当に嬉しいです”と、念願の有観客イベントが、アニメの舞台となる岐阜県多治見市にて開催できたことに対しそれぞれが喜びを語った。

本作の舞台となった多治見市の魅力についてのトークでは、キャスト陣の多治見愛が爆発。実写パートの撮影のため、これまで10回以上も多治見を訪れ、地元での陶芸体験、食レポなどは体験済だ。

<「やくならマグカップも 二番窯」10月スタート放送記念イベント in 多治見市>

田中は、駅に“やくも”の大弾幕があることや、市役所のオリジナルラッピングカーなど、アニメ舞台である多治見の盛り上がりに感激し、“とにかく、地元の皆さんの愛が凄いですよ!”と熱弁する一方で、芹澤は“(ラッピングカーに)自分の顔が大きく掲げられるの正直恥ずかしいです”…と赤面する場面も。

続いて、トークは4名が実際に体験した陶芸の話題に。舞台上のスクリーンにはこれまで4名が作成したマグカップや、カレー皿などの陶器の写真が写し出され、陶芸体験を振り返る。

本泉は“陶芸は、本当に奥が深かった”とその楽しさと難しさを熱弁し、若井は“カメラが回ってることを忘れてたよね”と、撮影を忘れるほど夢中であったことを回想した。

そして、本イベントではトークショーだけでなく、4名による生アフレコ、さらにMUG-MOによる生歌唱も初披露。生アフレコは4名の息ぴったりな掛け合いに、会場からは割れんばかりの拍手が起こった。

MUG-MOによる生歌唱では、第1期のアニメオープニングテーマ「扉を開けたら」、第2期のアニメオープニングテーマ「夢中の先へ」と2曲続けて披露。芹澤は“すごく緊張したけど、会場の皆さんが一緒にクラップをしてくれたので、楽しかったです!”、本泉は“多治見で歌えたことが、何より嬉しい!”と、コロナ禍で MUG-MOとしてのライブができずにいたが、初披露の場が多治見であったことに、大きな喜びを語った。

イベントのラストは、10月30日に誕生日を迎える若井へサプライズケーキが登場! 若井が演じるキャラクター・成瀬直子の誕生日が10月5日ということもあり、ダブルのお祝いとなった若井は“この上なき幸せです!本当に嬉しいです”と、突然のサプライズに涙ぐみながら、感謝の気持ちを述べた。

<「やくならマグカップも 二番窯」10月スタート放送記念イベント in 多治見市>

<「やくならマグカップも 二番窯」10月スタート放送記念イベント in 多治見市>

最後の挨拶では、本泉は“皆さんに協力いただき、皆さんの暖かさを実感しました!2期は、新しいキャラクターを掘り下げた内容になっておりますので、是非楽しんで下さい!”、若井は“多治見の皆さんのお会いできて、やくもが愛された作品であることを痛感しました。多治見は第二の故郷です。二番窯も楽しみにしてください!”、芹澤は“以前、多治見でこっそり買い物をしていた際、地元の学生さんから声をかけていただき、多治見の皆さんに受け入れていただけた、と実感しました。ありがとうございます!”、そして、田中は“アフレコも撮影現場も暖かくて、ファミリー感がある作品です。今日は4人そろって初めてイベントができたことは奇跡だと思います。2期が始まったばかりなので、是非楽しんで下さい!”と語り、大盛り上がりの中、イベントは幕を閉じた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル