top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西島秀俊 7年で11作以上!新ドラでも妻子失踪と“悲劇の夫”が似合う理由

女性自身

西島秀俊 7年で11作以上!新ドラでも妻子失踪と“悲劇の夫”が似合う理由

ある日突然、妻と2人の子どもが自分の目の前から消えてしまうーー。西島秀俊(50)が10月10日スタートの新ドラマ『真犯人フラグ』で演じるのは、そんな“悲劇の夫”役だ。

 

大ヒットしたドラマ『あなたの番です』(19年)のスタッフが再集結したというだけあって、その内容や今後の展開に期待が高まっているが、それにしてもここ数年の西島は、「悲劇的な境遇に見舞われる夫」役が板についている。

 

たとえば、公開中の映画『ドライブ・マイ・カー』(21年)では、不倫していた妻がくも膜下出血で突然死してしまうし、映画『人魚の眠る家』(18年)では、娘が脳死状態になり、それを受け入れられない妻の精神状態がどんどん不安定になっていってしまうし……。ほかにも映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(14年)やドラマ『流星ワゴン』(15年)など、枚挙にいとまがない。

広告の後にも続きます

 

特に、映画化もされた主演ドラマ『MOZU』(14年)で爆弾テロにより妻を失った男を演じてから“悲劇の夫”役が増加。西島が、家族が不幸に見舞われる“悲劇の夫”を演じた作品は14年以降の7年間で11作以上にのぼる。

 

■追い込まれたときの輝きはアラフィフ俳優のなかで随一

 

それではなぜ、西島秀俊はこんなにも数多くの“悲劇の夫”役を演じ、さらにはそれが抜群に似合ってしまうのか。脚本家で映画ライターの竹内清人さんはこう語る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル