top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エサのお皿を間違え、教えたことをすぐに忘れる…。ちょっと抜けてる同居ネコ!? /ネコからの人生相談 ニャンとかなりませんか?

ダ・ヴィンチNEWS

 一見、気ままに生きているように見えるネコ。でも、実は…?

名前を呼んでも知らんぷり。キャットタワーを用意したけど、なかなか遊んでくれない…。そんなコミュニケーションのすれ違いを経験したことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

本書では、ネコと一緒に生活をするなかで“モヤモヤ”したお悩みを、ネコの研究に携わる齋藤慈子(さいとうあつこ)先生、服部円(はっとりまどか)先生がネコ目線で解説。

今までよかれと思ってとっていた行動は、もしかしたら誤ったコミュニケーションかもしれません。この本を読めばネコの習性・能力の誤解がとけます!

【相談ネコ:シロ(オス・3歳)】
2年前から一緒に暮らすことになった同居ネコの「クロ」。いつもエサの皿やトイレの場所を間違える…。

※本作品は齋藤慈子・服部円:著、にゃんとまた旅<ねこまき>:イラストの書籍『ネコからの人生相談 ニャンとかなりませんか? ネコ研究者がズバリ! 回答します』から一部抜粋・編集しました。

『ネコからの人生相談 ニャンとかなりませんか?』を最初から読む

『ネコからの人生相談 ニャンとかなりませんか? ネコ研究者がズバリ! 回答します』(齋藤慈子、服部円:著、にゃんとまた旅〈ねこまき〉:まんが/河出書房新社)

シロ オス・3 才・雑種

僕の飼い主はマイちゃんなんだけど、2 年前から彼氏のユウスケくんと同棲中。彼が飼っていたクロ(オス・5 才・雑種)も一緒にうちに来て、最初は大変だったよ。でも、マイちゃんは優しいしユウスケくんもたくさん遊んでくれるから好き。

まんがはにゃんとまた旅〈ねこまき〉担当

回答 先輩として教えてあげましょう

 新しいネコさんがやってきて、大変でしたね。自分の空間を乱されるのは誰しも得意ではないので、イライラしてしまう気持ちはわかります。

広告の後にも続きます

 でも、クロさんのことが嫌いなわけじゃないんですよね?

 だったら、彼のやることなすことすべてをお世話する必要はないけれど、わからないことは手伝ってあげてもいいのでは? 逆にシロさんがピンチに陥ったときには、きっとクロさんが助けてくれるでしょう。

 とはいえ、見返りを期待して手伝うのはあまりオススメしません。おやつだって、ひとりでなくふたりで食べたほうが美味しく感じるかも。

 そう思えば、たまには手伝ってあげてもいいと思いませんか。

ネコ学 人のふり見て…はネコもできるんです

 ネコの祖先種は単独性といわれていますので、ネコ同士の社会性は低いと思われているかもしれません。しかし実は、ネコは他の個体から学ぶことができるといわれています。これを「社会的学習」といいます。

 実際に行われた研究では、他のネコがレバー押しや紐引きなどによって、報酬のエサを取る課題を解いているところを観察したネコは、他個体を観察せずに自力で学習したネコよりも、速やかに課題を解けるようになったとされています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル