top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

総理とバカ息子が「謎のウイルス」に立ち向かう。池井戸潤が「民王」続編で投じた"抱腹絶倒"の一石

BOOKウォッチ

民王 シベリアの陰謀(KADOKAWA)<amazonで購入>

 「漢字が読めない総理大臣」を巡るドタバタ劇で、2015年にはドラマ化もされ、人気を博した『民王』(たみおう)。武藤泰山総理とバカ息子の翔が、新たな危機に立ち向かう。

 『下町ロケット』「半沢直樹シリーズ」で知られる池井戸潤さんの最新作『民王 シベリアの陰謀』(KADOKAWA)は、「民王」シリーズ第2作。今作で泰山と翔が挑むのは、人を凶暴化させる「謎のウイルス」だ。前作『民王』から約11年。コロナ禍となった日本に今だからこそ届けたい、痛快政治風刺コメディーである。

『民王 シベリアの陰謀』(画像提供:KADOKAWA)

「ウイルス」、そして「陰謀論」

「マドンナ・ウイルス? なんじゃそりゃ」

 第二次内閣を発足させたばかりの武藤泰山。内閣の目玉として指名した、「マドンナ」こと高西麗子環境大臣が、パーティの最中に突然暴れ出した。原因は謎のウイルス。同じ時、泰山の息子・翔も、仕事で訪れた大学の研究室で「狼男化」した教授に襲われていた。人を凶暴化させるこのウイルスは、感染が急速に拡大。泰山は緊急事態宣言を発令して収束を図るが、世論は逆風となって政府を襲う。さらに、国民の間では陰謀論者が台頭。泰山と翔、そして秘書の貝原が、内閣と国家の危機に立ち向かう。

 今作のキーワードは3つ。「ウイルス」、「温暖化」、そして「陰謀論」だ。著者の池井戸さん自身がKADOKAWAのカドブン特設サイトで、それぞれのキーワードについて語っている。

「民王」特設サイトTOP画像
 「ウイルス」はもちろん、2020年春頃から全世界で感染が拡がっている新型コロナウイルスから。社会派エンターテインメントの巨匠は当然、コロナ禍の社会問題を逃さない。続いて「温暖化」は、コロナ禍となるずっと前からの世界的な問題だ。池井戸さんは温暖化に関するいくつかの本を読み、以前から関心を持っていたと言う。

 そして、池井戸さんが今作を書く決定的な動機となったのが、「陰謀論」だ。

 ここ数年、トランプ政権末期のQアノンをはじめとして、陰謀論が世界中で猛威を振るっていますよね。年明けにアメリカの連邦議会議事堂にデモ隊が乱入する事件が起こったときは、本当に衝撃を受けました。あの人たちは、選挙は不正だったと本気で信じているわけでしょう? その後、アメリカだけでなく日本でもさまざまな陰謀論が流布し始めて、しかも学者や財界人など、学があって社会的立場の高い人までがそれを広めている。遊びでやっているのかと思っていたら、どうやら本気で信じているらしいということが見えてきて、「なぜ人は陰謀論を信じてしまうのか」ということが、自分の中で大きな疑問として湧き上がりました。(カドブン『民王 シベリアの陰謀』特設サイト 刊行記念インタビューより)

 前作『民王』は、国会答弁の漢字を誤読する政治家を見て、「総理大臣ともあろう人間が、なぜ漢字を読めないのか」という疑問が湧いたことから構想が始まった。「陰謀論」は、そんな前作の疑問に匹敵するほどの強い動機だったそうだ。陰謀論がはびこる世の中に隠された、「国家を揺るがす真実」に気づいてしまい、作家としてこれを書かねば! と決意したと語る池井戸さん。明かされた真実とは一体何なのか、ぜひ『民王 シベリアの陰謀』を読んで確かめていただきたい。

「怒られ上等」痛烈コメディー

「各所への失礼発言満載の抱腹絶倒ギャグ風刺政治小説です。決して真面目な小説ではありません。」

 この小説をそう評するのは、ドラマ「民王」のプロデューサー・飯田サヤカさんだ。前作『民王』は、未曽有を「みぞうゆう」と読む総理大臣、本質から外れっぱなしの政治論争を、悪戯心たっぷりのギャグで痛烈に風刺した作品。飯田さんはそんな『民王』の辛口を生かし、「怒られ上等」でドラマを作ったそうだ。そして、当時の「怒られ上等」は、第2作にもそのまま受け継がれている。コロナウイルスや陰謀論で揺れる現代に、池井戸さんが投じた”抱腹絶倒”の一石とは。泰山・翔とともに、この時代を笑って飛び越えよう。

 なお、第1作目の『民王』は、角川文庫になっている。 『民王』角川文庫
■池井戸潤さんプロフィール

 1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で直木賞、20年、野間出版文化賞を受賞。ドラマ化された「半沢直樹」シリーズ、「花咲舞」シリーズなどで人気を博す。著書に『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』『陸王』『民王』『ようこそ、わが家へ』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』など多数。


※画像提供:KADOKAWA


書名:  民王 シベリアの陰謀 監修・編集・著者名: 池井戸 潤 著 出版社名: KADOKAWA 出版年月日: 2021年9月28日 定価: 1, 760円(税込) 判型・ページ数: 320ページ ISBN: 9784041117170

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル