top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『涼風』『風夏』の作者・瀬尾公治さん新作は、ワケありヒロイン5人との同居ラブコメ!

ダ・ヴィンチNEWS

※本記事は物語の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

ツンデレヘタレイケメンに恋する! 二階堂ふみ×眞栄田郷敦ドラマ原作、ぶっ飛び系少女漫画『プロミス・シンデレラ』は何が魅力?

『女神のカフェテラス』(瀬尾公治/講談社)

『女神のカフェテラス』(瀬尾公治/講談社)は、5人のヒロインが主人公・粕壁隼(かすかべはやと)と一つ屋根の下で暮らし、喫茶「カフェテラス・ファミリア」を切り盛りしていく物語である。いわゆる同居ラブコメなのだが、1~2巻には恋の始まる気配はほぼなかった。にもかかわらず、3巻のラストエピソードで突然、物語の未来が提示される。それは「隼と5人のうちの誰かが結婚する」というものだ。

 本記事では、いよいよ盛り上がってきた本作を紹介し、2021年9月末時点でのストーリーの進行や情報から、隼の相手を予想してみたい。

主人公とワケアリ女子たちとの同居生活がスタート!

 著者の瀬尾公治氏は、個人的には稀代のラブコメ漫画家だと思う。『涼風』『風夏』『君のいる町』(全て講談社)などは、いずれも人気で長期連載となった。

広告の後にも続きます

 そんな瀬尾氏の最新作、本格ラブコメである本作は、とある海辺の街の喫茶店「カフェテラス・ファミリア(以下ファミリア)」に隼が帰って来るところから始まる。そこは彼の祖母の店で、両親を亡くした隼が3年前まで2人で暮らしていた場所だ。だが隼は高校入学前に祖母と仲違いをして別居し、そのまま疎遠に。彼は東大に現役合格したが、祖母は再会を果たせずに亡くなっていた。隼は役所からその訃報を聞き、複雑な思いを抱えて戻ってくる。

 だがそこで待っていたのは“カワイイ”5人の女子たち。隼はそのなかの空手少女に倒されて縛り上げられる……。聞けば彼女たちは祖母と家族として共同生活を送り「ファミリア」で働いていたとのこと。しかも祖母の最期を看取り、葬式までしてくれていた。

 隼は休業していた「ファミリア」を再開する気はなく、店と家を解体するつもりでいたが思いなおす。自分が東大に入った理由を思い出したからだ。それは必死に店を守ろうとしていた祖母を助けたい一心だった。

 5人の女子も、追い出されるより“おばあちゃん”の店でまた働きたいと願う。かくして隼は入ったばかりの東大を休学し、彼女たちと「ファミリア」を再建することに。そのなかで、彼と5人との距離は近づいていくのだ。

隼と結ばれる相手を大予想! 5人全員「正ヒロイン」とは?

 隼と5人の関係は前述の通り最悪のスタートを切った。彼は「店を売る金の亡者」「祖母の死にも帰ってこなかった薄情者」と罵倒され、お約束(?)のラッキースケベも連続発生する。だが繰り返すが、隼と彼女たちのうちの誰かとの未来が、3巻でいきなりインサートされるのだ。

 恋が生まれて成就するのは決まっている。そこでここでは5人を紹介しつつ、恋模様レースを予想しようと思う。

クールキャラとのギャップ萌え! 鳳凰寺紅葉(ほうおうじあかね)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル