top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

見た目はオペラケーキ!和菓子屋が作る、新感覚チョコレート羊羹!/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.41

おいしいマルシェ

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

手土産やプレゼントでスイーツを贈るとき、「なにこれ!」とか「こんなのあったの!?」と驚きとともに喜ばれると、ちょっと嬉しかったりしますよね。そんな「サプライズスイーツ」をご紹介するこの連載。第41回目は、和風オペラをご紹介します。

境内の一角に佇む、モダンな和菓子屋さん

日々、いろいろなお菓子を食べていると、日本の菓子文化は、多くのエッセンスを吸収し、独自の発展を遂げていると感じます。

特にここ数年は、和と洋を掛け合わせたお菓子を口にすることも増えましたが、目新しさではなく、しっかりと美味しいものを作り上げるところに、日本の作り手の凄さを感じるのです。

「季のせ(ときのせ)」のお菓子も、そのような気持ちを抱く、日本ならではの素晴らしさが詰まっています。

広告の後にも続きます

2011年、福岡県宇美町にある「宇美八幡宮」内に誕生した、季のせさん。店主の宮部さんが手がけるお菓子は、おしゃれなパッケージに入って、神社にある和菓子屋さんとは思えないギャップも魅力のひとつ。

今回、ご紹介する「をぺら」には、和としての伝統を踏まえながら、洋風のテイストを合わせた、新しい出会いが待っています。

チョコレートケーキと羊羹の出会い

まるで高級な腕時計が入ってそうな、スタイリッシュかつリッチなケース。プレゼントでもらったら、もうこの時点でワクワクしちゃいますね。

開けてみると、中はこのように、丁寧に梱包されています。深い青と濃いピンクの色合いが、またステキ。

ケースの中には、約20センチほどの「をぺら」が一本丸ごと入っています。シルエットの美しさにうっとり。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル