top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

誰にでも潜む「怒り」の感情を妻夫木聡&深津絵里が熱演!「悪人」(2010)

エンタメウィーク(映画)

誰にでも潜む「怒り」の感情を妻夫木聡&深津絵里が熱演!「悪人」(2010)

解説

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化した人間ドラマ。長崎の外れの小さな漁村に住む祐一(妻夫木)は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代(深津)と出会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。監督は「69」「フラガール」の李相日。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『パレード』や『怒り』で知られる吉田修一の原作小説を映画化した本作。監督を務める李相日は、今作のあと再び『怒り』でメガホンをとっています。

彼の描くサスペンス作品にはどこか韓国映画に感じるノワール感というか、雰囲気を感じるんですよね。オダギリジョーが出演していた『スクラップ・ヘブン』などもそうですが、どこか現代社会から逸脱した人間(とくに若者)と、そうならざるをえなかった社会構造というものを映すのが得意な方です。

今作も、満島ひかり演じる佳乃の死をめぐって、二人の男性が対比して描かれる。彼女を車に乗せて、イライラしたからという理由で首を絞めたり足蹴りをして頭部を打撲させるなどの怪我を追わせたまま峠に置き去りにした増尾。そして、彼女に馬鹿にされたような気がして彼らを追いかけて行った清水。それでも彼は佳乃が酷い目に遭っているのを見ると、親切で送っていこうとする。

それに対し、佳乃が増尾に対して本来向けるべきだった怒りと憎しみ、悪意を清水に当てる。一体誰が悪人なのか。映画の中には様々な悪意が善なる者に向けられていて、『怒り』に通じるテーマ性を感じました。


「悪人」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル