top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

不惑を迎えるはずが…。全アラフォー必読のコミックエッセイ。

BOOKウォッチ

沼の中で不惑を迎えます。(集英社)<amazonで購入>

 「四十にして惑わず」――。不惑の境地に達しているアラフォーはどのくらいいるだろうか。

 人生の半分以上、沼にはまり続けて20年。アラフォー、独身、実家暮らしのオタク漫画家・竹内佐千子さんは「今日も惑いまくっています!」という。

 本書『沼の中で不惑を迎えます。輝くな! アラフォーおっかけレズビアン!』(集英社)は、そんな竹内さんが「決して輝かず、されど奇妙に充実した時を刻む」コミックエッセイ。

 表紙とタイトルに圧倒された。いざ読んでみると、アラフォー世代の1人として「そうなんだよ!!」と熱く共感できるものだった。

不惑を迎えるはずの身にふりかかる、推しの結婚、お金や健康問題、親の介護や自身の老後への不安……。オタクにも非オタにもあまりにも切実すぎる、全アラフォー必読の書!

選択しない勇気も必要だよ

 ウェブメディア「よみタイ」では、第1話「『推し』が結婚するそうです」の途中まで試し読みできる。そこから一部紹介しよう。

広告の後にも続きます

 実家暮らし38年目。「ここまで来ると もうずっと両親とやっていく覚悟を決めたよ!!」と自己紹介しているところへ、竹内さんの中に住んでいるという「妖精さん」が登場する。

妖精 「結婚も出産もしないで将来が不安じゃないの?」

竹内 「てゆうか将来は不安だよ!! 病気 介護 金 災害 孤独 政治 めちゃくちゃ不安だよ!! クソがつくほど!!」

 ブチギレしたところで、「結婚」を「羊の肉」に置き換えて人生観を語りはじめる。竹内さんは羊の肉が嫌いで、どんなにおいしてくもどうしても食べられなかったという。

 「知らなくていいことはたくさんあるし やらないで後悔していいこともたくさんあるんだよ ただでさえ選択肢の多いこの世の中で 幸せのために選択しない勇気も必要だよ」

 「結婚=幸せ・親孝行・勝ち組」という「ものさしを作った人間が罪深すぎて釜ゆでの刑だよね」としながらも、竹内さんは結婚を否定している訳ではない。

 「結婚は法律をうまく利用できる手段だと思っていて 他人と公的な力を持つ関係になれる訳だから 病院の面会とか遺産のこととか だから結婚という選択をすることは人生で当然アリだと思ってる 出産もね」

 自分はそれらを「選択」しなかっただけ。「まあ そんなことをいろいろと考えて日々生きてます私」。

推しの結婚

 2020年9月。ポワンポワンポワン……。竹内さんのスマホにメッセージが続々届いた。「大丈夫?」「生きてる!?」。

 「なんかみんなにすごく心配されてるけど 私 病気にでもなったっけ?」と思っているところで、衝撃のニュースを目にする。「東方神起チャンミンが結婚を発表」――。

 「アイドルのために生き アイドルのために息してる だって私 一生懸命働いて生きてるんだよ…? 毎日アイドルのことしか考えてないなんて…(中略)当たり前でしょうがーーー」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル