top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小松菜奈と門脇麦がW主演の音楽ロードムービー「さよならくちびる」(2019)

エンタメウィーク(映画)

小松菜奈と門脇麦がW主演の音楽ロードムービー「さよならくちびる」(2019)

解説

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだったが……。レオを小松、ハルを門脇、シマを「愛がなんだ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌が演じる。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!
dTVで今すぐ観る
初月無料

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

小松菜奈と門脇麦のダブル主演で、成田凌がメインキャストとして出演する『さよならくちびる』。基本的にこの3人がずっとスクリーンに映っていて、ハルとレオによるデュオ「ハルレオ」の解散ツアーを回っていくというロードムービーです。キャスティングがやはり強いなという印象。

それぞれがビジュアル面でも高いだけじゃなく、演技や表情のアンニュイさが素敵な俳優なので、彼らが集まってダルそうにしているだけでそこに物語を感じさせられる。

社会にあまり適合できず居場所のなかった小松菜奈演じるレオに、作詞作曲のセンスのある門脇麦演じるハルが声をかける。そこから始まった友情も、時間がたつに連れて再び才能面でハルのお飾りでしかなく、その事実がレオの居場所を奪う。一方で、実はハルもアイデンティティの面でずっと居場所がなかった。

実はすごくお互いが必要で、お互いがちゃんと居場所になっている二人なのに素直になれずにいる彼女たちのコミュニケーションが切ない。その二人の間にいながら、マネージャーを務める成田凌の役柄もちょうど良いんですよね。サラッとLGBTQやシスターフッドを思わせる描写があって、何も起きないけど、それが実は丁寧で素敵な青春映画でした。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!
dTVで今すぐ観る
初月無料

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル