top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『インストール』『蹴りたい背中』…鮮烈なデビューから20年! 綿矢りささんが次に書きたいのは「悪い人」が主人公の小説!?

ダ・ヴィンチNEWS

撮影=新潮社 青木登

 綿矢りさ氏の作家デビューは鮮烈だった。高校2年生の時に書いた『インストール』で文藝賞を獲得し、19歳にして『蹴りたい背中』で芥川賞を最年少受賞。一時期執筆に難渋していたものの、映画化もされた『勝手にふるえてろ』(2010年)、大江健三郎賞を受賞した『かわいそうだね?』(2011年)あたりから、傑作をコンスタントに量産する無双モードに突入。第26回島清恋愛文学賞を受賞した『生のみ生のままで』では女性同士の恋愛を描き切っていた。そして、作家デビュー20周年を迎えた今年、『オーラの発表会』(集英社)を上梓。これがまた、綿矢が作家として新たなフェイズに足を踏み入れたことを実感させる傑作だ。9月28日には2020年の日記をまとめた『あのころなにしてた?』(新潮社)も刊行する綿矢氏に、主に『オーラの発表会』について話を聞いた。

ここは警察……彼氏の浮気が原因で口論に。その後、待ち受けていたのは⁉/ありがとう、昨日までの彼。 私が婚約者に裏切られるまで⑤

(取材・文=土佐有明)

『オーラの発表会』(綿矢りさ/集英社)

――『オーラの発表会』の主人公で大学生の海松子(みるこ)は、綿矢さんの過去作には出てこなかったタイプのキャラですね。学食で学生の口臭を嗅いで、どの料理を食べたのかを完璧に言い当てる。

綿矢りさ氏(以下、綿矢):海松子はとにかく人と仲良くしたいし、友達が欲しいんだけど、きっかけが見つからないんです。でも、学食のメニューについてだけは異常に詳しいから、それを武器にして話を繋げたいと思う。今までの作品では人の気持ちが分かりすぎて辛くなる人を描いてきたけど、逆に分からなすぎて辛くなっていく人を書きたいと思ってました。海松子は人の顔や表情から空気を読むことができないんです。すごく不器用で。

広告の後にも続きます

――でも、海松子は観察眼が鋭いですよね。人の化粧や服装を完璧にコピーする友達の萌音を「まね師」、いつもポテトチップスのサワークリーム&オニオン味の匂いがする男性を「サワクリ兄」、などと脳内であだ名をつけている。

綿矢:それは他人を図鑑みたいに見ているからでしょうね。この人はこういう特徴があるからこういうあだ名がいいかなって。性格よりも特徴に目をつけています。

――学食の話でも分かりますが、海松子は嗅覚が鋭いですね。

綿矢:海松子の五感は子供の頃から変わっていないんです。子供って匂いに敏感で、フラットに匂いを嗅ぎわけられるじゃないですか。臭いものもいい匂いのものも、先入観なしに嗅ぐところがある。海松子もそういう感じで匂いを感じられるんです。

――海松子のキャラは立っているけど、物語の推進力となるのは友達の萌音ですね。

綿矢:そうですね。海松子は割と現状に満足しているタイプで、キャラとしては自由に動かしづらくて。萌音は欲望が強くてたくさん動いてくれるから、萌音がいて初めて物語になった気がします。あと、海松子と萌音はふたりとも本音で話すので、互いに正反対の考えが浮かぶ。そこがいいなと思いながら書きました。仲のいい友達同士というよりはコンビですね。ふたりがいることで話が転がっていく。萌音もそうですけど、書いていて楽しい人を書くのが自分の執筆のスタイルなんです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル