top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

脳に電気刺激を与えるデバイスを埋め込み、抗うつ剤の効かないのうつ病を治療することに成功

カラパイア

2_e1
UC San Francisco (UCSF)

 うつ病を患う多くの人にとって、抗うつ剤は重要な役割を果たす。だが、薬を使った標準的な治療を一定期間行っても、病気が改善しない患者も存在する。

 そこで今回、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームは、脳に電気刺激を与え、特定部位の活動を抑えるデバイスを埋め込むという、新たな治療法を開発した。

 まだまだ開発初期の医療技術だが、抗うつ剤の患者の症状が改善されたという。

うつ病の3人に1人が抗うつ剤が効きにくい

 うつ病は、気分が強く落ち込み憂うつになる、やる気が出ないなどの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるいといった身体的な症状が現れることのある気分障がいの一種だ。その症状のあらわれ方で、大きく2つに分類されている。

 抑うつ状態だけが起こる「うつ病(大うつ病性障害)」と、抑うつ状態と躁(そう)状態の両方が起こる「双極性障害」だ。

 うつ病は、成人の5%が抱えていると言われるほど一般的な病気にもかかわらず、薬や治療が効きにくい治療抵抗性(TRD)を示す患者は3分の1もいる。

 今回、移植手術を受けたサラさんもそんな1人だった。子供の頃からうつ病を患っており、もう限界だったという。

 「こんな状態が続いて、ずっとこの先に進めないのなら、もうダメだと思いました。生きる価値ある人生ではありませんでした」と彼女は当時の状態を語っている。

脳インプラントで電気刺激を与える

 だが、サラさんは幸いにも、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校で行われていた研究に参加することができた。

 研究グループが行なっていたのは、脳の奥へ電極を差し込み、電気刺激でうつ症状を緩和する治療法(「脳深部刺激法」)だ。

 いわば「脳のペースメーカー」を装着するようなもので、「パーキンソン病」や「てんかん」などの治療では実際に効果がある技術である。
1_e2

患者にあわせてカスタマイズ

 ただし、うつ病はそうした病気よりもずっと複雑だ。これまでも脳深部刺激法が試されたことはあったが、結果はまちまちで、期待外れに終わることが多かった。

 そこで今回の研究グループは、脳の特定の領域をターゲットにするのではなく、サラさん個人にあわせた移植部位を探すことにした。

 彼女の脳を手作業で追跡して、うつ病が生じていることを示す脳波パターン、すなわち「バイオマーカー」を探し出す。

 そしてバイオマーカーが発生したタイミングで、患部に電気刺激を与えるような脳ペースメーカーを開発したのだ。

Personalized Deep Brain Stimulation Therapy (DBS)

 脳ペースメーカーの電極は2本ある。1本はバイオマーカーが発生する領域へと挿入される。これはうつ病の発生を検出するためのものだ。

 もう1本は、うつ病を引き起こしている「うつ回路」へと挿入される。バイオマーカーが検出されると、こちらの電極からうつ回路へ6秒間微弱な電流が流される。その電流の刺激によって、うつ症状が抑えられるという仕組みだ。

患者個人にあわせたうつ治療に期待

 今のところ、脳ペースメーカーの成功例は、サラさん1人しかいない。

 脳深部刺激法でうつを治療する試みはほかにもあるが、結果は確実なものではないし、今回の成果が今後もずっと続くとは限らない。

 それでも、移植手術は、サラさんに計り知れない変化をもたらした。
最初の数か月は、症状の改善があまりにも突然で、このまま続くのか自信がありませんでした。でもちゃんと続いているんです。脳ペースメーカーが、治療やセルフケアを補強してくれていると実感しています
 なお、サラさんで検出されたバイオマーカーは、人によってそれぞれ異なるものである可能性が濃厚だ。

 そのため、ほかの患者に脳ペースメーカーを試すには、人それぞれのバイオマーカーを突き止めなければならない。

 研究グループはすでに患者を募集し、個人向けにカスタマイズされた脳ペースメーカーの有効性を検証しているとのことだ。

 この研究は『Nature Medicine』(21年10月4日付)に掲載された。

References:Scientists solve ‘untreatable’ depression with personalized brain implant, in world first / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル