top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

病院で赤ちゃんの取り違え。3年後に同じ保育園で偶然遭遇し事態が発覚後、両家族で子供たちを姉妹同然に育てる

カラパイア

赤ちゃんの取り違え。偶然気が付いた後、両家族で姉妹同然に育てることに
 23年前、イタリアのシチリアにある産院で同日に誕生した女児が、病院側に取り違えられるという出来事が発生した。

 子供たちが3歳になったとき、同じ保育園で偶然遭遇。あまりにも自分たちの他の子供に似ていたことからDNA検査を実施したところ、取り違えが発覚した。

 その後、両家族は、子供たちを取り替えることなく、お互いに姉妹同然に育ててきたという。

産院で赤ちゃんが取り違えられる

 1998年12月31日、イタリア・シチリア州トラパニ県マザラ・デル・バッロにある産院で、カテリーナ・アラーニャとメリッサ・フォデラという女児が15分違いで誕生した。

 しかし、病院で新年を祝った際、赤ちゃんが取り違えられるという出来事が発生。それに気付いたのは、3年後のことだった。

 カテリーナの実の母マリネッラ・アラーニャさん(51歳)は、娘を保育園に送迎していたある日、同じ保育園に来ていたカテリーナを見て、カテリーナがメリッサの姉2人にとても似ていることに気付いた。

 マリネッラさんはカテリーナの母ジセッラ・フォデラさん(46歳)が自分と同じ産院で、15分違いで出産したことを知り、「もしかして病院で取り違えが起こったのでは」と疑いを抱き始めた。

 その15日後DNA検査を行ったところ、取り違えは事実だったことが判明。カテリーナはメリッサで、メリッサがカテリーナだったことがわかった。

両家族で2人の娘を姉妹として育てることに

 双方の親は、驚愕の事実に頭が真っ白になった。しかし、当時両家にとって状況は複雑で、互いの家族が子供を交換するという考えを好まなかった。

 メリッサをカテリーナとして育てて来たジセッラさんは、このように話している。
3年間、自分の娘と疑わず育てて来た私にとって、病院の取り違いが発覚したとはいっても、すぐに子供を交換することに納得するのは困難でした。
 マリネッラさんにとっても、同じ気持ちだったようだ。両家は話し合いの結果、双方の家族が一緒に2人の娘を姉妹として育てていくことを決心した。

 メリッサとカテリーナは、誕生日を一緒に祝うようになり、週末や自由時間にはいつも一緒に過ごし、何日も一緒に暮らした。

 その結果、2人の間には姉妹というより、まるで双子のような絆が育まれた。
twins-2629776_640_e
pixabay

両家に絆をもたらした母2人の愛

 現在、Sisters Foreverというドキュメンタリー本で、2人のストーリーがシェアされており、それによるとメリッサとカテリーナは8歳の時に真実を親から打ち明けられたという。

 2人とも、3歳前の記憶はなく、取り違えの事実を知った後も特に問題はなかったそうだ。

 唯一の問題としては、正式な名前を使うか否かということだったが、結局これまでの名前を使用していくことに互いが同意した。

 3歳以降、カテリーナとメリッサは、事実上祖父母が8人、父が2人、母が2人、更にはそれぞれのきょうだいという大家族の中で育って来たわけだが、意外にもこの子育ては成功した。ジセッラさんは、心情を次のように語っている。
当初は、実の娘メリッサを愛することは、今まで娘と信じて育てて来たカテリーナに対してなんだか裏切りのような気持も湧きました。

でも今は、素直にメリッサを娘として愛しているし、もちろんカテリーナのことも愛しています。
 現在23歳になるカテリーナさんとメリッサさんも、今では育ての母と生みの母の両方を受け入れている。  2人に双子のような強い絆を育ませ、2家族を1つに結びつける愛をもたらしたのは、母親2人の決断があったからこそだろう。

 このニュースを知った人からは、「最悪の事態を母親同士の知的な決断で最高の形にした素晴らしい例」「なかなかできることじゃないと思うけど、それを実行した母親や家族は素晴らしいと思う」「子供や一緒に育ってきたきょうだいのことを優先して、考えた結論だったんだろうね」「互いに責め合ったり傷つけあったりするよりもこの育て方を選んだ2人の母親は凄い!」といった称賛の声が寄せられている。

 なお、両家が取り違えについて病院側にどのような対応を求めたのか、また損害賠償を請求したのかなどといった詳細は、明らかにされていない。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル