top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

果物のプロに聞いた!梨の品種とベストな保存方法

教えて!gooウォッチ

みずみずしくシャキッとした歯ごたえが魅力の梨。そのさわやかな風味は残暑の時期にぴったりだ。秋の果物としてもおなじみだろう。しかし、品種によって水分量や甘さに差があり、好みのものを見極めるのが難しいと感じている人もいるかもしれない。「教えて!goo」にも「美味しい梨の目利きの仕方を教えてください!」と、好みに合う梨の選び方について質問があった。そこで今回は、自然栽培の果物にこだわった「自然果樹園」を運営するナチュラルスタイル株式会社に、梨の品種による特徴や出荷時期、よりおいしく楽しむための保存方法について聞いてみた。

■品種によって異なる「甘味」や「酸味」

ひとくちに「梨」といってもさまざまな品種がある。

「代表的な品種は、『幸水(こうすい)』、『豊水(ほうすい)』、『新高(にいたか)』、『あきづき』などです。地域によって生産している品種は異なります。たとえば弊社がお届けしている熊本県荒尾市の梨は、『豊水』や『新高』といった、皮が茶色い赤梨系です」(ナチュラルスタイル株式会社)

それぞれの出荷時期と特徴を教えてもらった。

「8月上旬から9月上旬頃は、『幸水』が出回る季節です。しっかりとした甘味の中にほどよい酸味があります。柔らかくジューシーで、重さは250gから300g程度です。9月上旬から9月中旬には『豊水』が旬を迎えます。さわやかな甘味と酸味のバランスが絶妙で、その名のごとく“多汁”です」(ナチュラルスタイル株式会社)

「新高」と「あきづき」は、気候が秋めいてくる9月下旬以降に出回るとのこと。

「『新高』は500g以上にもなる大型の梨です。場合によっては1kgほどの大玉に育つこともあります。酸味が少なく糖度が高めで、香り豊かです。『あきづき』は『新高』と『豊水』、『幸水』を掛け合わせて生まれた梨です。果肉は柔らかく多汁で、酸味は弱めです。甘い梨が好きな人におすすめですよ」(ナチュラルスタイル株式会社)

糖度や水分量などを参考に、好みの品種を探してみるのも楽しそうだ。

■保存の際は「ヘタ」を下に

梨の熟し具合は、ひとめ見ただけでは分かりにくいようだ。購入する際には、どのような基準で選べばよいのだろうか。

「まず色合いを見ましょう。赤梨の場合は、熟すと青っぽい色から赤褐色に変わります。酸味が強いタイプが好きな場合は、少し青っぽいものを選ぶのがおすすめです。形でいうと、扁平型で平べったいものがよいです。お尻部分は糖度が最も高くなる部位なので、ぷっくりしているものを選びましょう。手に持った時にどっしりしているものもよい梨の印です」(ナチュラルスタイル株式会社)

旬の梨を手に入れたらベストな状態で保存したい。気を付けるべきことを聞いてみた。

「冷暗所や野菜室で保管し、なるべく早く食べることが基本です。気を付けるべきポイントは2つあります。ひとつ目はヘタの部分を下にして保存することです。梨はヘタ部分で呼吸をしています。下にすることで呼吸が抑えられ、品質が落ちにくくなります。ふたつ目は、ひとつひとつ紙袋やサランラップで包むことです。梨は乾燥に弱く、水分を失いやすいです。『個別に紙袋かサランラップで包み、ヘタを下にして冷蔵庫で保存』することを心掛けましょう」(ナチュラルスタイル株式会社)

梨は収穫時がおいしさのピークとなり、桃などのように“追熟”はしないという。購入してから1週間以内に食べるのが、旨味を逃さないコツだ。食べる2、3時間前から冷やすことで、梨に含まれる果糖がはたらき、さらに甘く感じるという。今回教わったことを参考に、今年の秋は梨をより味わってみてはいかがだろうか。

●専門家プロフィール:自然果樹園
自然栽培や、農薬を最大限使用しない栽培を実践する果樹園で育てられた「こだわりの果物」を熊本で販売。梨をはじめとし、かんきつ類やたけのこ、野菜などを取り扱う。

画像提供:ピクスタ

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル