top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

10月に気をつけたい防災キーワード「秋雨前線」!

防災ニッポン

10月は秋晴れが気持ちいい行楽シーズンです。
そんな10月に気をつけたい防災キーワードがこちら!

「秋雨前線」

こちらの記事もおすすめ!→前もって準備!台風に備える行動&持ち物チェックリスト

10月は実は秋雨前線による「大雨」が発生しやすい時期でもあります。

秋雨前線とは、夏の暑い空気と秋の涼しい空気がぶつかることによって発生する「停滞前線」です。
秋雨前線による大雨は、秋の空気が南下してくる8月下旬から10月にかけて起こりやすくなります。秋雨前線は梅雨前線以上の大雨をもたらすこともあります。
2021年8月中旬に中国、九州地方で大雨特別警報が発令される大雨が降ったのも、この秋雨前線の影響です。

広告の後にも続きます

さらに! 10月の秋雨前線で怖いのは「台風×秋雨前線」による大雨です。
台風が太平洋にあると、日本付近に停滞している秋雨前線に向かって、暖かく湿った風が吹きやすくなります。秋雨前線のエネルギー源は暖かく湿った空気なので、台風があると秋雨前線の活動がいっそう活発になって、大雨をもたらすのです。

台風本体だけでも災害級の大雨をもたらします。秋雨前線が日本付近に停滞しているときに台風が接近すると、甚大な大雨災害が起こるリスクが高まります。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル