top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

橋本環奈『ほん怖』ドラマパートで主演「本当にリアルで怖かった」

テレビドガッチ


10月23日(土)21時からの「土曜プレミアム」は、『ほんとにあった怖い話 2021特別編』が放送される。橋本環奈が、ドラマパートの一つ「凶音の誘い(きょうおんのいざない)」で主演を務める。

実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント『ほんとにあった怖い話』(通称:ほん怖)は、1999年に放送をスタートし、心霊体験をもとに心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。そんな『ほん怖』は、2004年から稲垣吾郎が、『ほん怖』クラブリーダーとして出演している。また、小学生中心で構成された『ほん怖』クラブのメンバーも健在。

橋本が「凶音の誘い」で演じるのは、声優を目指しながら、コールセンターでアルバイトをしている峰岸玲奈(みねぎし・れいな)。ある日、一息つこうと給湯室で休んでいると、「キュルキュル……」という奇妙な物音と人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。不思議に思いながらも仕事を続けていると、上司の鷺沼浩一(さぎぬま・こういち/山中崇)から地下の倉庫に商品サンプルを取りに行くように命じられ、バイト仲間の伊藤麻美(いとう・あさみ/恒松祐里)とともに倉庫へ向かうことに。麻美は倉庫に着くと、その中を足早に移動し、どういう訳か緊張した様子でサンプルを取り出していく。すると、玲奈には再び「キュルキュル……」と奇妙な音が聞こえてくる。不審に思い麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して……。不穏な気配と不気味な音が、2人の身に迫る。

この他の豪華キャストについては、後日発表予定となっている。

<橋本環奈 コメント>
――出演が決まった感想を教えてください。

並みいる出演者の方々が名前を連ねる歴史ある番組に出演させて頂く事となり、“すごく楽しみだな”と思いました。小学生の頃、本当に起きた話だけに、“こんな実体験はしたくないな”と怖がりながら見ていました。

――脚本を読んだ印象はいかがでしたか?

私は、ホラーが好きなので、“すごく面白いな”と思いながら台本を読ませていただきました。“コールセンター”と書いてあったので、電話口の向こうから叫び声が聞こえたりなど、電話のやりとりでの怖さかなと最初は思っていましたが、実際はそばに何かいて感じる怖さでした。ただ、それがまた演じていて良かったです。それに加え、実際にお化けメイクを見ましたが、本当にリアルで怖かったです。

――番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。

実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル