top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「メダルは逃したが、悔いはない」アーチェリー・岡崎愛子、東京パラリンピックでの戦いを振り返る

パラサポWEB

東京2020パラリンピックでアーチェリー(W1)に出場し、女子個人5位、混合(ミックス)チーム6位と2種目で入賞を果たした岡崎愛子。東京大会閉幕後、自身の戦いを改めて振り返り、「メダルを狙っていたし、獲らなければいけなかったと思う」と同時に、「悔いはない」と明かす。スポーツを心から愛するパラアスリート岡崎の東京大会での戦いぶりとパラスポーツへの思いに迫った。

暑さを感じないほど緊張した予選

アーチェリーは、工夫次第で障がいの種類や程度、有無に関係なく戦えるスポーツだ。そして、岡崎は、最大限の工夫と努力を重ねることができたからこそ、東京大会という最高峰の舞台にたどり着いた。

「そもそも私の場合は、首から下にまひがあり、握力がなく、体幹も不安定。そんな私でもアーチェリーができるのか、競技を始めたころは疑問に思っていました。でも、体を支えるために左肩や足をベルトで固定したり、フィンガーレスリリーサーを取り入れたりと、時間をかけて自分に合う方法や用具を見つけ取り入れていくことで、戦えるようになっていきました」

今大会で戦い抜くために必要だった工夫は、暑さ対策だろう。パラリンピックデビュー戦となったアーチェリー女子個人W1のランキングラウンドが行われたのは、東京大会競技3日目の8月27日の午前中。会場となった夢の島公園アーチェリー場には、夏の日差しが容赦なく照り付けており、まさに暑さとの戦いとなった。かつて「(頚髄損傷という)障がいの特性上、体温調節ができないため、日差しや暑さ、湿気対策が重要になる」と語っていた岡崎が用意したのは、ジェルタイプの保冷剤をセットして使うアイスベストだ。

「アイスベストは、すごく冷たいというわけではなく、体温の上昇を緩やかにしてくれるというイメージ。本当はもっと冷やしてほしいぐらいだったんですけどね」と岡崎は話す。

広告の後にも続きます

とはいえ、ランキングラウンドの前半、岡崎は暑さを感じていなかったという。

暑さとの戦いとなったランキングラウンド

「朝9時のスタートだったため、気温もさほどではなかったこともありますが、何より暑さを感じる余裕がないほど、プレッシャーを感じ、緊張していました」

アーチェリーのランキングラウンドでは、前半36本、後半36本、計72本の合計点で順位を決める。岡崎のスコアを見ると、確かに前半は272点、順位も12人中10位と振るわない。試合直後は、「原因はわからないが、3エンド目まで手の震えが止まらなかった」と語っていたのだが、その点について改めて尋ねると、「あれも多分、緊張だったと思います」と振り返る。

「弓を持つ方の手に筋収縮が起き、ドラえもんの手のようにグーッと手が握り込んで戻らなくなってしまったんです。アーチェリーはグリップがわずかにずれただけで当たらなくなるので、これはもう仕方ないと思いながら射っていて。矢取りの間にトレーナーさんに手をマッサージしてもらったおかげで、4エンド目からはなんとか筋収縮が落ち着きました」

後半は目標設定通りに点を重ねていく。一方で、暑さを感じるようにもなっていった。「暑いと熱が体にこもり、めまいや息切れで、その場にいられなくなることもある」という岡崎は、実際、この時も最後の2エンドは「最後まで射ち切れるか」というほど苦しかったという。しかし、「気合と集中」で乗り切り、計304点と全体の3位で終了。トータルでは576点で9位となり、女子個人と混合の決勝ラウンドに進んだ。

楽しめたミックス戦

翌28日、岡崎は大山晃司とチームを組んでのミックス戦に登場。ここからは、対戦形式(※)での戦いとなり、射場も雰囲気もがらりと変わる。そのため、岡崎も緊張したというが、試合が始まると、さらに緊張する出来事が起こる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル