top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

武藤十夢インタビュー「世の中不思議なことが起こるんだなと」 今後のAKB48の活動についても想い語る

ガジェット通信

AKB48のメンバーのうち8名が出演する怪談映画、『未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~』が公開中です。本作は世にあふれる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などAKB48のメンバーが成仏させるという異色の怪談エンターテイメント作品で、8名がドラマ、大島てる氏との事故物件現場による対談、心霊スポットへの体験ツアー、怪談語りなどなど、さまざまな手法で怪談エピソードを座談会で語り合い、その後供養するというドキュメント形式です。そのなかでドラマの一編を担当した武藤十夢さんに、本作に参加した感想などをうかがいました。

■公式サイト:https://www.mijyoubutsu100-movie.com/ [リンク]

■ストーリー(武藤さん出演の「あそぼう」編)

笹木悠子(武藤十夢)が新米警備員として着任したのはとある会社の夜勤警備だった。上司の時任から業務を教わる中、このビルで囁かれている噂を耳にする。そして深夜の見廻りを始める悠子が見たものとは…。

◼撮影を述懐「夜勤明けの設定なので、朝の撮影も大変でした」

広告の後にも続きます

●ドラマ部分を担当されましたが、撮影は順調に終わりましたか?

最初にクライマックスの場面を撮ったので、それは難しかったですね。まったく想像できなかったラストだったんです。夜勤明けの設定なので、朝の撮影も大変でした。

●メンバー8人のみなさんで、出演にあたってお話をするタイミングはありましたか?

しっかりとみんなで話したのはあの座談会のシーンの時で、その時にみんなのそれぞれの印象などを話しあったりはしました。みんなお互いの話に興味はあるんですが、怖いんですよね(笑)。実はわたしはこういう体験をしたことがある、という話が飛び出したので、世の中不思議なことが起こるんだなと思いました。

●小さい時に怖い体験をする人は少なくなさそうですよね。

わたし自身も座敷童じゃないですが、小さい子が見えたお話をさせていただきました。普段なかなかするようなお話ではないので、修学旅行の夜にみんなで話す怖い話じゃないけれど、それをより真剣にみんなで話した時間だなって思います。

◼コロナ禍を経て~エンタメは必要だと思っている

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル