top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広島でバンクシー展!世界が注目する謎多き芸術家の作品 70点以上、ひろしま美術館で

広島ニュース 食べタインジャー

バンクシー展が広島初上陸!「バンクシ―展 天才か反逆者か 広島エディション」が、2021年11月6日よりひろしま美術館で開催されます。

イギリスを拠点に活動し世界で注目されているアーティスト、バンクシー(BANKSY)。

そのキャンバスとなるのは、世界中のストリート、壁、橋など神出鬼没で社会風刺的な作品を手掛けることで知られています。このほか、テーマパーク、宿泊施設、映画の制作など、その活動は多岐にわたる。

「バンクシー展」は2018年からモスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港の世界5都市を巡回し、100万人以上を動員。

2020年3月から日本に上陸、横浜・大阪・名古屋そして現在は、10月末まで福岡にて開催中。その後、広島で11月よりバンクシー展が開催スタートします。

バンクシー展 天才か反逆者か 広島エディション

広告の後にも続きます

バンクシー展 天才か反逆者か 広島エディションでは、複数の個人コレクターの協力のもと、オリジナル作品や版画、立体オブジェなど70点以上を展示。

鋭い社会風刺や政治的メッセージが込められたバンクシーの作品が、ひろしま美術館に集結します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル