top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『偽りの隣人 ある諜報員の告白』イ・ファンギョン監督 「この映画を作って人への信頼が確固たるものに」 韓国映画界の現状も語る

ガジェット通信

韓国歴代興収10位、日本でも親子愛に号泣する観客が続出したヒット作『7番房の奇跡』(13)のイ・ファンギョン監督待望の最新作、『偽りの隣人 ある諜報員の告白』が公開中です。2020年12月の韓国公開時に初登場1位を獲得した大ヒット作で、韓国現代史における軍事独裁政権と民主化運動の対立をモチーフに、「なぜ韓国では民主化が遅れ、多数の犠牲者が出たのか」という疑問と静かな怒りを投影したヒューマン・サスペンスです。1970年生まれのイ・ファンギョン監督が、多感な少年時代に経験した1985年が物語の舞台。本作に込めた想い、そして韓国映画界の今を聞きました。

■公式サイト:https://itsuwari-rinjin.com/ [リンク]

■ストーリー

1985年、国家による弾圧が激しさを増す中、次期大統領選に出馬するため帰国した野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)は空港に到着するなり国家安全政策部により逮捕され、自宅軟禁を余儀なくされた。諜報機関はウィシクを監視するため、当時左遷されていたものの愛国心だけは人一倍強いユ・デグォン(チョン・ウ)を監視チームのリーダーに抜擢。デグォンは隣家に住み込み、24時間体制の監視任務に就くことになった。機密情報を入手するため盗聴器を仕掛けたデグォンだったが、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続けるうちに、上層部に疑問を持ち始める。そんな矢先ウィシクとその家族に命の危険が迫っていた……。

広告の後にも続きます

●この映画は監督の少年時代である1985年が物語の舞台になっていますね。当時から疑問に思っていたのでしょうか?

その当時はまだ幼かったので歴史的な事件のことをよく理解していなかったのですが、後々事件のことについて考えてみたところ、本当に怖い話だと思うようになりました。しかも当時の事件を思い出すと、実は怖いという気持ちを超えて、もはや話にならないような、あり得ないようなコメディーなのではないか、とも思うようになりました。

つまり、心は痛みますが、笑うしかないような状態なのだということに気づいたので、これは映画として作れば、楽しいモチーフになるのではないかと思い、この映画を撮ることになりました。

●その笑うしかないような出来事を、見事なヒューマン・サスペンスとして作られましたが、映画を撮ったことで改めての発見はありしたか?

階級や政治の物語を映画の中で扱いましたが、権力があるかないか、お金があるかないかはさておいて、人と人が誠意を持って向かいあい、お互いに情を感じれば、通じ合えるのだというこを知りました。また、いい人はいい人を見抜くということも、です。なのでこの映画を撮ったことで、人への信頼が確固たるものになりました。

●その人間の真理みたいなものを主演のチョン・ウさんやオ・ダルスさんが、演技として表現されていたと思いますが、どう演出をしたのですか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル