top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北朝鮮人民軍“暴走”リスク…実戦兵器連続発射は開戦の火種!?

週刊実話WEB

(画像)WAYHOME studio / shutterstock

北朝鮮が9月11、12両日に、新型長距離巡航ミサイルの発射実験を実施した。

【関連】北朝鮮・金正恩総書記が重篤?“激ヤセ”招いた猛烈なワクチン副反応 ほか

さらに15日には、日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射し、日本のEEZ(排他的経済水域)内に着弾。北朝鮮がミサイルを発射するのは3月以来で、軍事力の強化を着実に進めていることをアピールした格好だ。

金正恩総書記は今年1月に開催された朝鮮労働党第8回党大会で、これまでの党の政治的成果と今後の方針を報告しているが、軍事分野に言及した際、「中・長距離巡航ミサイルをはじめ先端核戦術兵器を次々と開発する」と述べている。

「今回の巡航ミサイルは2時間以上飛行して、1500キロ先の目標に命中したとされており、事実であれば日本のほぼ全土を射程に収めたことになります。日本は従来の核弾道ミサイルに加えて、さらに核巡航ミサイルにも備えなければなりません」(軍事ライター)

しかも、今回の巡航ミサイルについては、いまだに発射地点が特定されていない。これが割り出せなければ、緊急時に迎撃の対応が遅れることになる。

広告の後にも続きます

「巡航ミサイルは低速度ですが、命中精度が極めて優れています。発見できれば比較的容易に撃ち落とせますが、通常は低高度を進むので、目前に現れるまでレーダーに探知されにくい」(国際ジャーナリスト)

今回の巡航ミサイルの形状や性能を分析すると、中国軍の『紅鳥2型』や米軍の『トマホーク』に類似している。おそらく中国を経由した米国の技術が、北朝鮮に流れているのだろう。

また、巡航ミサイルには、飛行経路に沿った地形の標高データが必要だが、北朝鮮が偵察衛星を使って日本の地形データを割り出すことはできない。こちらも中国から、データを入手しているとみられる。

持ちこたえられるのは首相官邸の地下だけ!?

日本の首相官邸や国会議事堂、議員会館を狙えば、政治機能は完全に麻痺する。450キロの通常弾頭であっても、国会議事堂や議員会館は爆破され、なんとか持ちこたえられるのは首相官邸の地下ぐらいである。

「今回のような巡航ミサイルに対抗するには、低高度から中高度の対応能力が必要ですが、現状の航空自衛隊や陸上自衛隊の防空システムではなかなか難しい。主要都市および自衛隊と米軍の基地を守るために、多数の地対空誘導弾が必要になります」(同)

一方、短距離弾道ミサイルのほうは、すでに存在が知られている。ロシア製の『イスカンデル』を大型化した『KN23』である。北朝鮮は2019年5月に同ミサイルを初めて発射して以降、飛行距離や精度などの改良を続けており、今年3月にも日本海に向けて発射実験を行っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル