top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

悔し涙から感謝のアーチ、智辯学園・前川右京がプロでの活躍誓う

高校野球ドットコム

 1年生から名門・智辯学園の中軸を担い、今夏の甲子園では2本塁打の活躍を見せた前川 右京(3年)。プロ志望届を既に提出し、運命のドラフト会議を待っている。

 この1年間は不調に悩まされる時期もあり、決して順風満帆とは言えなかった。それを乗り越え、集大成の夏に力を発揮した前川の1年間に迫る。


体を絞った秋から春

インタビューに応じる前川右京(智辯学園)

 昨秋の近畿大会では決勝で大阪桐蔭を下して優勝を成し遂げた智辯学園。前川もこの試合で本塁打を放つなど、優勝の原動力となった。それでも慢心することなく、「野球としての粗さが目立っていたので、丁寧な野球をしようと思っていました」とセンバツに向けてより精度の高さを求めて練習に取り組んでいた。

 しかし、それが結果的に迷いを生むことになる。センバツでは小坂将商監督と「バックスクリーンにホームランを打つ」と約束していたが、「当てに行く打撃だったり、振り切れなかった打席があった」と本来の打棒は影を潜め、3試合で10打数2安打と不本意な成績。敗れた準々決勝の明豊戦では無安打に終わり、悔し涙を流した。

 その後は試行錯誤の日々が続く。「打つだけが仕事じゃなくて、守りにしろ、走るにしろ、四球で塁に出るにしろ、チームの為に何ができるかを考えて大会に挑むようにしました」とプレースタイルを一から見直した。

広告の後にも続きます

 そこで、「走れないと意味がない」と走る量を増やして、体を絞った。センバツ時は90キロだった体重を春季大会中の5月には83㎏まで減量させている。「体のキレも大事だということが改めてわかりました」と一定の効果を実感した。

コンパクト打撃でヒントをつかんだ夏

 さらに春季大会では従来の3、4番ではなく、1番や2番を任される試合もあった。「クリーンアップの時は決めようという気持ちがありましたが、1、2番を打ちだして塁に確実に出ることを意識してやっていました。最後までボールを見て、正確に芯で打つコンパクトな打撃も着実にできてきました」と新たな世界を見ることで、打撃の幅を広げることに繋がった。

 その甲斐もあり、夏の奈良大会では打率.643の大活躍。チームを甲子園出場に導いた。それでも、「打率は高く残せましたが、本塁打が0で長打もなかなか出ていなかったので、甲子園では長打も見せたいと気持ちを切らさずにやっていました」と結果に満足することはなく、甲子園に向けて調整を重ねていた。

 1回戦の倉敷商戦では1打席目から内野安打が飛び出すなど、4打数2安打1打点と上々のスタート。チームも10対3で快勝を収めた。

 このまま勢いに乗っていきたいところではあったが、そこから雨の日が続き、2回戦までかなり待たされることになった。智辯学園は幸いにも自校のグラウンドで練習することができたが、外出はできず、グラウンドとホテルを往復するだけの生活。ストレスが溜まってもおかしくないが、「指導者さんが差し入れを下さったりとか、自分たちのために気を遣って下さったので、問題なく過ごせました」と周囲の配慮もあり、大きな問題はなかったそうだ。

感謝の気持ちで打った甲子園本塁打

ティーバッティングをする前川右京(智辯学園)

 1回戦の10日後に行われた2回戦の横浜戦。1番で出場した前川は3点リードの6回裏に無死一塁の3ボールから、「ストレートに絞っていた」と外角のストレートを振り抜き、バックスクリーン左に待望の甲子園初アーチを叩き込んだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル