top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

男子バレー西田有志がセリエAで新たなスタート。それでも「海外だけが正解じゃない」と話す理由

web Sportiva

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE  Vol.2(2) 連載1から読む>>

 今季から、バレーボール男子の世界最高峰リーグであるセリエAでプレーする西田有志。高校卒業後にVリーグのジェイテクトSTIBNGSで3シーズンプレーし、エースとしてリーグ優勝と天皇杯のタイトルも手にしたが、いつ頃から海外でのプレーを意識していたのか。

「2018年に日本代表に初召集されて、海外のチームと戦った時ですね。世界のトップレベルの選手たちのプレーを見て、『海外のリーグでプレーしてみたい』と思うようになりました。単純に、違った環境でプレーすることで『選手としての視野を広げたい』という思いもありましたね。海外に行くことが正解と考えていたわけではないですが、チャンスがあるなら行くべきだろうと思っていました」


イタリアに到着して笑顔の西田(写真提供:株式会社FIELD OF DREAMS)

 加入したビーボ・ヴァレンティアの昨シーズンの順位は5位(12チーム中)。身長186cmの西田は、リーグの全チームのなかで、もっとも背が低いオポジットになる。

 オファーがあったのはヴァレンティアだけでなく、複数のチームから声がかかっていたようだが、評価されていた点は共通していたようだ。

「日本代表や日本のVリーグでの活躍を見てくれた上で、高く評価してくれていたのはスピードや、ジャンプ力でしたね。そこからは、チームコンセプトなども聞きながら交渉を進めていって、ヴァレンティアはサーブも評価してくれましたし、何より『オポジットの1番手として迎えたい』と言ってくれたので移籍を決めました。

 セリエAのチームに移籍できてもずっと控えだったら意味がないですから、スタメンで起用してくれるかどうかはすごく重視していました。期待して獲得してくれたので、今後は僕がスタメンにふさわしい選手であることを証明していかないといけないですね」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル