top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

金光大阪vs阪南大高

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

マー君輩出の宝塚ボーイズが生んだ好捕手・岸本紘一 攻守の活躍でベスト8導く

金光大阪キャッチャー・岸本紘一

 大阪府大会5回戦で対戦した金光大阪と阪南大高。結果は金光大阪が9点を奪う猛攻で雌雄は決したが、勝敗を分けたのは初回の攻防だった。

 金光大阪の先発はエース・古川 温生。綺麗にまとめられた縦回転の投球フォームから、伸びのある真っすぐを投げ込む。さらに切れ味鋭い変化球系のボールを投げ込む本格派投手で、阪南大高ベンチからは「早めにタイミング取って良いぞ」と声も響いていた。打席のなかでもボールに勢いがあることは十分伝わってきた。

 古川は一死から2つの四球で一、二塁のピンチをつくるなど、制球に苦しんだ。ここで阪南大高4番・阿南 翔大を迎えた。先取点を与えるピンチの場面だったが、スライダーでセカンドへの併殺でピンチを切り抜けた。

 すると金光大阪は、直後の攻撃で一死一、二塁とチャンスを作る。阪南大高は同じ場面で無得点だったのに対して、金光大阪は4番・岸本 紘一がレフト前にタイムリーを放ち、先制に成功した。

広告の後にも続きます

 互いに一死一、二塁のチャンスを作りながらも得点に結びつけたのは金光大阪。これで試合の流れが決まってしまった。

 先取点をもらった金光大阪・古川は2回から余裕が生まれたのか、制球力が安定し始め、阪南大高に反撃の隙を与えない。逆に打線は阪南大高の先発・大倉 奏人の甘く入ってきた変化球を逃さずに3回には3点目。4回には8番・佐々木 駿弥の左中間への二塁打などで一挙7得点で、9対0とした。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



金光大阪先発・古川温生

 金光大阪は、そのまま9対0の7回コールドで勝利した、古川の好投に、各打者の癖の少ない鋭いスイングが見せる繋ぎの攻撃が光った。ベスト8に入るのも納得いく戦力だが、その要は4番・捕手で主将の岸本だ。

 特に光るのは守備。イニング間の二塁送球は1.83秒(手動計測)をマーク。手元で捕球すると、素早い握り替えから遠投100強肩を活かしたライナー性のボールを投げ込む。キャッチングに関しても低めのボールを捕る際に、ミットがあまり下がらない。捕手として必要な技術は十分備わっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル