top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ルシファー吉岡、下ネタのイメージのない内村光良をめぐり「もしネタをやってくれって言われたら、どうしようかな」

Quick Timez

10月14日〜17日の期間で開催される内村光良さんのコントライブ「内村文化祭’21 満面」に出演するピン芸人のルシファー吉岡さん。

多方面で活躍をするルシファーさんに、お笑いに対する思いやネタ作りへのこだわりなどのお話をインタビューさせて頂きました。

前編と後編に分かれており、本記事ではインタビューの後編をお送りします。

ルシファー吉岡、下ネタのイメージのない内村光良をめぐり「もしネタをやってくれって言われたら…」

ーーマセキに入られたのは、誰か憧れている人がいたからとかですか?

広告の後にも続きます

これは授業料が安かったからです(笑)。

なんか、吉本さんとかだと40〜50万ぐらいかかったと思うんですけど、でもマセキは期間は短いんですけど、入学金は10万円だったんで。

僕も貯金は全くなかったですし、払える範囲で考えて10万円だったらいけるかなってことで選びました。

ーー会社員時代のエピソードをネタに反映させてみたりしたネタもあったりしたのでしょうか?

会社員時代のエピソード…。会社員時代のこと本当に覚えていないんですよね。

多分意識なかったんじゃないかな(笑)本当に嫌すぎて。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル