top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「魔性の女」が抱える心の闇とは

マイナビウーマン

昔から、不倫ドラマにおいて“悪女”の存在は欠かせない。

『昼顔』の利佳子(吉瀬美智子)や、『美しい隣人』の沙希(仲間由紀恵)、直近だと『サレタガワのブルー』の藍子(堀未央奈)など。

彼女たちがドラマの中で悪事をはたらく(=不倫をする)理由は、嫉妬や遊び、はたまた本気の恋などさまざまだ。悪役として物語をかき乱し、視聴者の印象に強く残る。

今から3年前、深夜ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)からもひとりの悪女が誕生していた。

その名前は井筒里奈(松本まりか)。ゆるふわロングヘアに白いファーコートが似合う“あざとかわいい”彼女は、自らも家庭がありながら他人の夫と関係を持つ不倫妻だ。

広告の後にも続きます

本作の主人公は高森杏寿(仲里依紗)。夫の高森純平(塚本高史)が単身赴任中の里奈と不倫していたことを知り、別れるかやり直すか、夫婦の在り方を模索する物語である。そう、あくまでも里奈は主人公の敵であり、悪役だ。

しかしこのドラマが話題になったポイントは、里奈役・松本まりかの怖すぎる“怪演”。ネットニュースでは「松本まりか劇場」とも呼ばれ、彼女自身もこのドラマがきっかけで女優として一躍ブレイクしたといっても過言ではないだろう。

今回は、本作の悪女――井筒里奈という女性にスポットを当て、彼女の胸の内に迫る。

■魔性の女の「真の目的」とは

井筒里奈は、夫・井筒渡(中村倫也)と子ども2人と静岡で暮らす専業主婦。一見すると平凡な家庭だが、この家では夫が絶対的な権力を持つ。里奈は「教養もなければ学歴もない」と虐げられ、夫の暴力・モラハラに耐えながら過ごしていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル