絶対に落とせない台湾戦 2つの挫折を経て成長した姿を見せる小園海斗
絶対に落とせない台湾戦 2つの挫折を経て成長した姿を見せる小園海斗
韓国戦で痛恨のミス高校日本代表の小園(報徳学園)は今日7日からのスーパーラウンドでの巻き返しを固く誓

韓国戦で痛恨のミス



高校日本代表の小園(報徳学園)は今日7日からのスーパーラウンドでの巻き返しを固く誓っている

 あえて指揮官は突き放した。それが、かつての愛弟子への期待の裏返しだった。

「心のケア? していませんよ。慰めもしない。前を向いてやれ、と。自分のところの選手ですから」

 高校日本代表を率いる永田裕治監督は昨春のセンバツまで母校・報徳学園高を指揮した。

 小園海斗は1年春から遊撃のレギュラーで、恩師が勇退した2年春のセンバツでは4強に進出している。今夏の甲子園では8強まで勝ち進み、侍ジャパンU-18代表に選出。再び、永田監督の下でプレーする機会に恵まれた。

 日の丸を背負うのは、大阪桐蔭高・藤原恭大とともに2年連続だ。史上初の大会連覇を狙うアジア選手権の宿敵・韓国戦で痛恨のミスを犯す。1回表、一死一塁からの遊ゴロをファンブル。バットの先、当たり損ねで、不規則な回転をする難しい打球ではあったが……。

「そこを捕り切るのが大切。そこをカバーするのが自分。一歩目、相手打者のスイングを見極めて事前に動くなど、準備不足だった」

 この失策直後、先発・吉田輝星(金足農高)の初球スライダーが失投となり、手痛い3ランを浴びる。この3点が重くのしかかり、日本は1対3で惜敗した。小園は2回、5回にもエラーを記録し「今までに3つ? ないです」と語る屈辱の1試合3失策だった。

 昨年からの経験者で、なおかつ名手にもかかわらず、平常心を保てないのが、国際試合の難しさだ。永田監督は「切り替え? できるレベルにあるからこそ、選んでいる」と厳しい表情で話した。

 前日は宿舎へ戻り、夕食を取った後、24時まで全体ミーティングを行った。「一人ひとりにものを言わせました」(永田監督)。小園は「切り替えるのは明日(6日)の練習時間。1球を大切に、全員でやっていきましょう!!」と話したとおり、翌日の練習では「自分から変えていかないと」と、内野ノックではいつも以上に積極的に声を出ていたした。

 練習後「睡眠? よく寝ました。夕食? 食べまくりましたよ」といつもの人懐っこい笑顔を見せた小園。夕方からの決起集会でも、焼き肉で英気を養った。「(永田監督からは)やってしまったことは仕方ないから、次の試合で取り戻してこい、と言われました」と明かした。報道陣の前では、あえて突き放したような言葉を伝えたように語っているが、実は心優しいアドバイスを送っていたのだ。

小園の守備位置に注目


「序盤が大事。入りをどうしていくか。まずは、アップから流れを作っていく」

 今夜はチャイニーズ・タイペイとのスーパーラウンド第1戦。9日の決勝へ進出するには、明日の中国戦を含めて一つも落とせない。

 強肩の小園は、守備位置が極端に深い遊撃手である。甲子園を通じ、芝生の中でポジショニング。守備範囲の広さが持ち味だが、今大会の会場(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)は内野天然芝のため、全面土や人工芝と比べて、打球に一度、勢いがなくなる。つまり、早めの対応をしていくためには、少し前で守る必要がありそうだろう。小園も「考えていかないといけない」と話していただけに、守備位置に注目したいところだ。

 今夏の甲子園準々決勝(対済美)でも1対2の9回表、自らの失策がきっかけで、追加点を奪われて敗退した(2対3)。韓国戦を含めた2つの挫折を経て、小園はプレーヤーとして一回り成長した姿を見せる。

文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎
(更新日:2018年9月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME