ソフトバンク・加治屋蓮 コーチからのひと言で優し過ぎる自分とさらば/飛躍のシーズン
ソフトバンク・加治屋蓮 コーチからのひと言で優し過ぎる自分とさらば/飛躍のシーズン
9月に入って疲れも見えるが、懸命に自分の役割を果たし続ける加治屋 長かった「助走」の分、大きく羽ばた

9月に入って疲れも見えるが、懸命に自分の役割を果たし続ける加治屋

 長かった「助走」の分、大きく羽ばたいた。8月24日の西武戦(ヤフオクドーム)。わずか1点リードの8回に、加治屋蓮がこの時点でリーグトップとなる今季54試合目のマウンドに登った。二番から始まる強力西武打線を相手に、まずは源田壮亮を低め直球で二ゴロに仕留めると、続く浅村栄斗をスライダーで左飛に打ち取った。最後は主砲・山川穂高を鋭いフォークで空振り三振。大事な8回に最少リードを守ると、チームはここから西武に3連勝し奇跡の逆転優勝へ望みをつないだ。

 2014年に、社会人のJR九州からドラフト1位で入団した。だが右肩を痛めたこともあり、1年目の登板は二軍での1試合のみ。4年目の昨季までの一軍登板は計4試合だった。150キロを超す直球と鋭いフォークは大きな武器だったが、優し過ぎる気持ちが飛躍を邪魔していた。開幕一軍の当落線上にいた3月中旬、倉野信次投手統括コーチから「インコースに投げられないならユニフォームを脱げ」と強烈なひと言を浴びせられた。自身に足りなかったものに気づかれると、その能力は開花した。

 初の開幕一軍入りを果たした今季も、いわゆる「敗戦処理」からのスタートだった。それでも登板3試合目以降18試合連続無失点を記録。サファテ、岩嵜翔が不在の中、ベンチの信頼を日に日に高め、いまや勝ち試合に欠かせないセットアッパーにまで成長した。「今いないメンバーが戻ってきてもチームに信頼される投手になりたい」。まだまだ飛躍の途中だ。

写真=BBM
(更新日:2018年9月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME