top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

川越東vs西武台

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

川越東打線が西武台投手陣を攻略しベスト8進出

伊藤(川越東)

  越谷市民球場 の第二試合はMAX143km右腕・渡邊新太擁する西武台と川越東との一戦である。

 まずスタメンだが、川越東は6番に大野 弘高(2年)が復帰、一方の西武台は前の試合5番の一郷 瑠輝(2年)を3番に、6番の杉本 誉士(1年)を5番に上げ、青山 廣大(2年)を6番へ下げる。

 先発は川越東がエース左腕・伊藤 匠海(2年)、一方の西武台は背番号1の右腕・福本 将平(2年)が登板し試合が始まる。

 先制したのは川越東であった。

広告の後にも続きます

 川越東は初回、西武台・福本の立ち上がりを攻め、一死から2番・神保 直希(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く小林 舜(2年)も四球を選び一死一、二塁とする。さらに4番・白水 大陸(2年)の内野ゴロの間に走者がそれぞれ進塁し二死二、三塁とすると、続く渡邊 航大(2年)がサードへのタイムリー内野安打を放ちまず1点、さらに6番・大野のサードゴロがタイムリーエラーとなり、川越東が幸先良く2点を先制する。

 西武台も2回裏に反撃を開始する。4番・渡邊、5番・杉本が連続四球を選び無死一、二塁とするが、続く青山が送れず三振を喫すると、7番・内藤 暖稀(2年)も併殺に倒れ無得点に終わる。

 一方の川越東も3回表一死から3番・小林が四球で出塁すると、続く白水がライト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。だが、5番・渡邊が併殺に倒れ無得点に終わる。

 このあたりは、両校流れの引き合いとなる。

 西武台は5回裏、この回先頭の代打・太田 誉(1年)が死球で出塁すると、続く福本がきっちりと送り一死二塁とする。さらに相手パスボールで二走・太田が三塁へ進むと、1番・金田 幸大(1年)も四球を選び一死一、三塁とする。ここで続く岩本大湖(2年)がきっちりと犠飛を放ち1点差へ詰め寄り前半戦を終える。

 川越東は5回で伊藤を諦め、2番手に右サイドの1年生・名取 由晃をマウンドへ送る。



神保(川越東)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル