top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平選手、なかなか勝負されず1試合3四球 アストロズに批判の声相次ぐ

ニュースサイトしらべぇ

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は24日(現地時間23日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたヒューストン・アストロズ戦にスタメン出場。


■四球で出塁する大谷選手

「2番・DH」で先発出場した大谷選手は初回の第1打席、フルカウントからの7球目を見逃し三振。続く4回の第2打席は、無死1塁から四球を選びチャンスを演出し、4番ジャレット・ウォルシュ内野手の先制犠牲フライにつなげた。

同点に追いつかれた6回1死無塁の第3打席でも、フルカウントから四球を選び出塁。すると2死1塁から、今季24個目の盗塁を成功。チャンスで5番のジャック・メイフィールド内野手がタイムリーヒットを放って逆転となった。


■勝負を避けられ続ける

2点リード、2死1、2塁で迎えた7回の第4打席もフルカウントから四球となり、この日3出塁を記録。チームは3対2で勝利したものの、警戒されてなかなか勝負されない状況が続く。

アストロズとの4連戦では打率1割8分2厘ながら、出塁率は3割6分。いかに勝負を避けられてきたかが分かる数字となっている。

広告の後にも続きます

【動画】二盗を決める大谷翔平選手

■本塁打争いは1本差の3位

熾烈な本塁打王争いは、サルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)とウラジミール・ゲレロJr内野手(トロント・ブルージェイズ)がトップの46本。

1本差の3位につける大谷選手は、残り9試合で巻き返すことはできるのだろうか。日本人初となる打撃タイトル獲得へ向けた挑戦は終盤を迎えている。


■アストロズに批判の声

なかなか勝負されない大谷選手にネットでは、「ここまで避けられるとは…」「やり方が汚い」「相手チームに怒りに近い悲しみを感じる」とアストロズに対して批判的な声が続出。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル