top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バルセロナの闇は深すぎる…。クーマン監督で解決できる問題ではない。選んだ“苦肉の策”とは?【分析コラム】

フットボールチャンネル

バルセロナの闇は深すぎる…。クーマン監督で解決できる問題ではない。選んだ“苦肉の策”とは?【分析コラム】

バルセロナの泥沼はさらに深く…

リーガ・エスパニョーラ第6節、カディス対バルセロナが現地時間23日に行われ、0-0の引き分けに終わった。3戦未勝利となり、ロナルド・クーマン監督には解任論も浮上しているが、バルセロナが抱える問題は根が深い。(文:加藤健一)
———————————-

 バルセロナがはまってしまった泥沼に、今のところ底は見えない。カディス戦でそれはさらに深いものだということを知った。

 9月のインターナショナルマッチウィークが明けてから、バルセロナは1度も勝てていない。11日のセビージャ戦は延期されたが、14日のUEFAチャンピオンズリーグ・バイエルン・ミュンヘン戦では0-3と完敗。さらに、続くグラナダ戦でも先制を許すと、ジェラール・ピケを最前線に置くパワープレーで同点に追いつくのがやっとだった。

 そして迎えたカディス戦。前節から中2日、そして次節までも中2日ということもあってか、ロナルド・クーマン監督は先発メンバーを4人変更している。

 グラナダ戦のように早い時間に失点することはなかったが、バルセロナが攻めあぐねていたのは明白だった。4-4-2でコンパクトに守るカディスを崩せず、時間だけが過ぎていく。前半のボール保持率は75%を超えていたが、シュートはわずか3本。息が合わずにパスがずれるシーンも多く、試合に集中できていなかったのではないかとも感じさせる前半だった。

広告の後にも続きます

 もちろん、クーマン監督も動かないはずがない。ハーフタイムに早速手を打ってきた。

苦笑いの指揮官。追い打ちをかける判定

 試合に入れていなかった右ウイングのユスフ・デミルに代えて、同じポジションにセルジ・ロベルトを後半開始から入れてきた。もちろん、セルジ・ロベルトはこのポジションを本職としていない。しかし、負傷者が続出するバルセロナはベンチを3枠も空けており、この試合でベンチ入りした攻撃的な選手はフィリッペ・コウチーニョのみ。アンバランスな需要と供給の中で、苦肉の策を強いられたということになる。

 修正点も明確だった。カディスのライン間を起点に、ハーフスペースを縦に突破する形を狙っていた。51分にはセルジ・ロベルトからのクロスを、ファーサイドでメンフィス・デパイが狙う。しかし、決定的なチャンスには至らず、時間だけが経過していった。

 フレンキー・デ・ヨングはボールを収めた際に左腕が相手の顔に当たってしまい、61分にイエローカードをもらってしまう。すると、65分には縦パスを受けて前を向こうとしたところでトラップが少しずれ、出した足が相手に当たってしまった。カルロス・デル・セロ・グランデ主審は2枚目のイエローカードを提示し、フレンキー・デ・ヨングは退場になってしまった。

 この判定には指揮官も苦笑い。布陣を4-4-1に変更したが、ゴールは遠かった。終盤はカディスにも疲労の色が見られたが、バルセロナにはとどめを刺すだけのパワーを持っていなかった。デパイの単独突破と、それによって生まれるFKのチャンスに期待するだけ。しかし、キッカーを務めるコウチーニョはコンディションの問題もあってか、精彩を欠いていた。

 バルセロナはこれで3戦未勝利となった。クーマン監督と会長の確執もささやかれ、後任候補が連日のように伝えられている。果たして、バルセロナが浮上するには何が必要なのだろうか。

対照的な指揮官と選手のコメント

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル