top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松坂桃李、古田新太との共演に疲弊?「カロリー消費が高すぎて」

TOKYO HEADLINE

 

 映画『空白』初日舞台挨拶が23日、都内にて行われ、古田新太、松坂桃李らキャストと𠮷田恵輔監督が登壇した。

 万引きを疑われ、店長に追いかけられた末に事故死した亡き娘の無実を証明しようとする父親・添田と。モンスター化していく添田に巻き込まれていく人々の「罪」と「許し」を描くヒューマンサスペンス。

 初日から満席続出の報告に、𠮷田監督も笑顔。キャストを見渡し「イメージした人たちがそろった。この人たちがいれば監督は必要ない」と胸を張った。

 シリアスでハードな心理描写が続くが、主演・古田は「非常に楽な、楽しい現場でした。皆さん、早く帰りたい人が多かったので」と振り返り、撮影当時は緊急事態宣言前だったこともあり「終わったらすぐ飲みに行こう!となる現場でした」とケロリ。

広告の後にも続きます

 一方、古田演じる添田に狂気のように追い詰められる青柳を演じた松坂は「古田さんとのシーンはカロリーの消費量が高くて、とてもじゃないけど飲みに行く気力がわかなかった。毎日疲弊しきってホテルに帰っていました」と苦笑。

 

 さらに松坂は、圧の強いスーパーの店員を演じた寺島しのぶについて「実際に学生時代にスーパーで働いていたことがあって。そのとき一緒に働いていたパートの方とすごく雰囲気が似ているんです、距離感とか間合いとか」。添田の娘を演じた伊東蒼についても「腕をつかんだときのリアクションが本当に万引きした子のようで。僕は“警察24時”が好きでよく見てるんですけど、寸分たがわないリアクションでした」と笑いを取りつつ、共演者たちの迫真の演技をたたえた。

 古田との共演に「時間を共有するのが楽しかった」と振り返った松坂だったが、再共演について聞かれると「今度はもっと仲のいい関係せで」と希望。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル