top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中圭「女性の社会進出は当たり前だと思っていたけど…自分が甘かったと気づいた」

TOKYO HEADLINE

 映画『総理の夫』初日舞台挨拶が23日、都内にて行われ、w主演を務めた田中圭、中谷美紀らキャストと河合勇人監督が登壇。田中が女性の社会進出と出産・育児について、思いを語った。

 原田マハのベストセラーを原作に、日本初の女性総理とその夫・ファーストジェントルマンの誕生”といういまだかつてない世界を描く物語。

 日本初の女性総理・相馬凛子を演じた中谷は、クールな肩出しファッションで登場。登壇者の中で“おしゃれ大臣”を任命するとしたらと質問されると、キャストたちは満場一致で中谷を選出。貫地谷しほりは「大階段を下りてくるシーンがすさまじく美しくて写真を撮らせてもらった」、母が中谷の大ファンという工藤阿須加は「僕も母親にすぐ電話して、あんなにきれいな人いる?と話しました。その日は工藤家で盛り上がりました」、松井愛莉も「この人についていきたいと思う美しさ」。絶賛の嵐に中谷は「照明さんがとてもご苦労されたみたいです」と謙遜。
 一方、必死に“自分アピール”していた田中だが一票も入らず「分かってましたのでショックもありません」と強がり会場の笑いをさそった。

 続いて“オタク推進大臣”を選ぶならと質問され、田中が貫地谷を選ぶと中谷が「いつもは田中圭さんと意見が全く合わないことが多いんですけど、今回は私も同じ、貫地谷さんです」。“妻”のドライな発言に夫役の田中は「そんなに意見割れてましたっけ…」とタジタジ。

 終始、笑いをとりイベントを盛り上げた田中だったが、最後に「女性の社会進出は当たり前で(女性総理にも)違和感がなかったんですけど、取材などで話を聞くうち、自分が甘かったなと思った」と切り出し「出産・育児と仕事を両立させることの難しさに改めて気づかされた。もっと社会ができることがあるんじゃないかなと思うきっかけになった。こういうエンタメから社会がよくなっていく一歩目になることはあると思う。僕たち男もちゃんと、そういうことを思っておかないといけないなと」と真摯に語り、最後は笑顔で「相馬凛子に清き一票をお願いします!」と締めくくった。

広告の後にも続きます

 この日の登壇者は田中圭、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、河合勇人監督。
 映画『総理の夫』は公開中。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル