top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中田翔復帰は「正しい判断」だったのか 中島・ウィーラーの出番減で「逆効果」の懸念も

J-CASTニュース

プロ野球のシーズンも終盤に入り、ここからの戦いは1試合の勝敗が大きな意味を持つ。その中で巨人が手痛い取りこぼしを喫した。

2021年9月21日に敵地・マツダスタジアムで最下位に低迷する広島に0-2の零封負け。首位・阪神が勝ったため、3.5ゲーム差に開いた。この日に1軍昇格した中田翔が「6番・一塁」でスタメン出場したが、3打数無安打2三振。起爆剤にならなかった。

「2軍でいくら打っても…」

「スイング自体は決して悪くないですが、2軍でいくら打っても1軍の投手は球の質が違う。中田は実績のある選手ですが今年のパフォーマンスを見ると、戦力になるか分かりません。

一塁の守備力に定評がありますが、打撃で言えば中島宏之、ウィーラーの方が計算できるし、厄介な打者です。この勝負所で中田を1軍に上げて試合で使うことが吉と出るか凶と出るか…、中田の復活を信じた原監督の決断がペナントレースの行方を大きく左右すると思います」(スポーツ紙記者)

過去に打点王を3度獲得し、侍ジャパンでも4番を担った主砲だが、今季に関していえば度重なる故障の影響もあり、本来の輝きが見られない。

日本ハムで「不動の4番」としての期待を大きく裏切り、打率.193、4本塁打、13打点。チームメートへの暴行トラブルが発覚し、野球ファンを失望させた。8月11日に1軍、2軍すべての試合を対象に無期限の出場停止処分が科せられたが、20日に巨人に電撃トレードで移籍する。

新天地で本人の必死な思いとは裏腹に結果がついてこない。8月22日のDeNA戦(東京ドーム)で移籍後初アーチの5号2ランを放ったが、見せ場はこの一打だけだった。移籍後13試合出場で打率.156、1本塁打、2打点。9月11日にファーム降格した。

逆転Vの切り札になれるか、それとも…

広告の後にも続きます

このままでは終われない。球団も「中田再生」に必死だ。ファームでは阿部慎之助2軍監督が助言を送り、長嶋茂雄終身名誉監督もジャイアンツ球場の室内練習場で熱心に打撃指導を行った。

その期待に応えようと、16日の楽天戦(ジャイアンツ球場)で2打席連続アーチを放つなど、6試合出場で22打数11安打、打率.500、4本塁打、13打点。満を持しての1軍昇格となった。

「ファームでは無駄な力が入らず、ボール球を見逃して甘い球をきっちり仕留めていた。あの打撃を1軍でも実践すれば結果は出ると思いますが、重圧は当然かかるし、簡単なことではない。代わりの選手がいくらでもいる巨人はチャンスがそう多くありません」(スポーツ紙デスク)

中田は今季で野球人生が大きく変わった。試練を乗り越え、逆転優勝の切り札になれるか。(中町顕吾)

TOPICS

ジャンル